京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

主婦的ロボットプラモあるある。

https://instagram.com/p/0xR6_POIRB/

オタク息子はロボットプラモが大好き。特にガンプラが大好きで1ヶ月に1体は必ず作り、クローゼットの大半はプラモ箱が入っていますので他の物が入りません。レイザーラモンRGではないですが、ロボットプラモについての「あるある」をまとめてみました。

・飾ってあるプラモデルをうっかり倒してしまうと、元に戻して知らんぷりしていても、何故だか絶対にわかってしまう。
「お母さん、触ったやろ。銃の位置が違うで!」「ポーズが変わってる!」「アンビリカルケーブル*1がない!」

・作ったあとのランナー(パーツを切り離した後のプラスチック枠)の処理が面倒。
床に落ちている細かい破片を踏むと、とても痛い。まとめて紙袋に入れてからゴミ袋に入れないと、ランナーの尖った部分でゴミ袋が破れる。

・床に落ちていた小さなプラスチック片(らしきもの)を捨てたら、ゴミじゃなかった。
「お母さん、ライフルがないねんけど。もしかして捨てたん?(涙)」
けっこう大事な部品だったらしい・・・

写真はテスト勉強中の息子が、息抜きと称して作っていたガンプラ。これからまだシールを貼ったり、何やら色々と楽しむみたい。でも、そんな時間あるのかなあ(涙)

*1:へその緒(Umbilical cord)から作られた語。 エヴァに電力を供給するための線。