読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

姫路でのお勧め宿泊スポット、「星の子館」。

家族旅行

姫路城、修理完了!

先月、姫路城大天守の保存修理工事が完了しました。その美しさからまたの名を「白鷺城」(しらさぎじょう)と言われるほど有名なお城でしたが、修理後はますます白く美しくなりました。4月1日から公開され、10日間で約18万人が訪れたそうです。これはぜひ見に行かねば!

f:id:otaku-son:20150401155406j:plain

姫路のお勧め宿泊スポット。

実は姫路へは10回以上も訪れている我が家。それもお盆に行くのが我が家の恒例になっていました。お盆期間中のホテルはどこもたいへん混雑しますし、特別価格でけっこう高い!姫路も例外ではありません。

しかし・・・我が家の定宿は素泊まりで1泊当たり大人3600円、中高生2800円、小学生は2000円、3歳未満は無料なのです!(18歳未満の児童と宿泊する場合)。お盆やお正月などの特別料金が設定されていないので、いつ泊まってもこの価格。とても助かるので、毎年お世話になってきました。

値段だけ見ると、いったいどんなところ?もしかしてすごく古いところかな?と思われるでしょうが・・・

 

f:id:otaku-son:20150401033259j:plain

©星の子館

 

ジャジャーン!何とスタイリッシュな宿泊施設。設計は安藤忠雄です。実はこちらの宿泊施設は星の子館という姫路市の公共の宿なのです。もちろん県外の方もOK。

天文台が併設されているので、夜は宿泊者限定で観望会が開かれています。○×クイズがあったりと楽しい会なので、小さい頃から星に親しめます。オタク息子は幼稚園児の時からお邪魔しているので、夏の星座だけには詳しくなりました(^_^;)

 

お部屋にはお風呂がついていませんが、大浴場があります。大きな窓から外を眺めながらの入浴はとても素敵。

f:id:otaku-son:20150401091512j:plain

©星の子館

 

お勧めの「星の子館」での過ごし方。

我が家はいつもこちらに2泊して、向かいにある姫路科学館(プラネタリウムがあります)に行ったり、近くの兵庫県立こどもの館に行ったりと遊びまくっていました。こどもの館には工作館があるので、遊びついでに夏休みの宿題も済ませられます。ボランティアスタッフさんが手伝ってくれるので、不器用なオタク母でもOK。

f:id:otaku-son:20150401032719j:plain

©兵庫県立こどもの館

 

ここに泊まれば、姫路城まで車で10分ほどで到着できます。静かな森の中にあるため、行き帰りの道で鹿に会うことも珍しくありません。

 

楽天トラベルでのお得な宿泊予約はこちら→星の子館

f:id:otaku-son:20160215002842j:plain

以前は電話予約のみでしたが、最近は楽天トラベルじゃらんからの予約も可能なようです。人気のお宿なので、気になる方はぜひお早めに!

otaku-son.hatenablog.com