京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

祇園祭の「船鉾」でお囃子体験。

https://instagram.com/p/3gbg3HOISX/

持っていらっしゃるのはお囃子の「楽譜」です。

 

「みやこ子ども土曜塾」 で、「祇園祭のお囃子体験」に挑戦!

京都市教育委員会には「みやこ子ども土曜塾」という企画があり、さまざまな体験学習ができます。その中の「祇園祭のお囃子体験」という人気プログラムに運良く当たったので行ってきました!(2年前の体験談ですので、ご参考まで。)

www.doyo-juku.com

 

祇園祭のお囃子とは?

鉾の上で能や狂言を演じたことの名残とも言われ、太鼓(締め太鼓)・笛(能菅)・鉦(摺り鉦) の三つで構成されます。

現在は各鉾の町衆が囃子方を務めていますが、昔は鉾のスポンサーである旦那衆が芸能人を雇って鉾の上で演じさせてお祭りを楽しんだとか。

一曲は1分~1分半くらいで、20~30の曲を組み合わせて演奏します。

「京都で遊ぼう」ウェブサイトより

お囃子は「コンコンチキチン、コンチキチン♪」が有名ですが、よく聞いていると確かに様々なパターンがあります。

 

お囃子体験、スタート!

https://instagram.com/p/3iSxfUuIQV/

勉強よりも真剣?

我が家が体験させて頂いたのは「船鉾」でした。通常、お囃子はその地区の住民=町衆さんしか演奏できないので、貴重な体験です。まず最初に囃子方の皆さんがお手本を演奏して下さいましたが、太鼓・笛・鉦がそろった演奏は大迫力!圧倒されます。

次はオタク息子たちの番。○と△の楽譜を見ながら見よう見まねで格闘するうちに、船鉾の囃子方の皆さんのアドバイスのおかげで何とか鳴らせるようになりました。囃子方は、オタク息子ぐらいのお子さんからベテランさんまでいらっしゃいました。皆さん、日々練習されています!

 

お囃子体験、お勧めです!

f:id:otaku-son:20170606092320j:plain

この後は希望者のみ蔵へ移動し、組み立て前の鉾を見学させて頂きました。たいへん貴重な経験ができて、申し込んで本当に良かったです。船鉾関係者の皆様、どうもありがとうございました!