京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

京都「鳩居堂」で蚊よけ製品、新発売!

<こちらは人気記事のため、随時更新しています(最終更新:2017.5.31)>

創業1663年、老舗「鳩居堂」 。

f:id:otaku-son:20150628201108j:plain

©京のひとこと

京都市役所近くの寺町通下ルに書画用品・お香の専門店「鳩居堂(きゅうきょどう)」があります。創業は寛文3年(1663年)の超老舗。季節感のある素敵な品がいっぱいで、眺めているだけでうっとりします。先日訪れた時は店内に扇子コーナーが出来ていました。

 

鳩居堂の日本のしきたり 豆知識

マガジンハウス
売り上げランキング: 22,375

「鳩居堂」の蚊よけ?

先日、京都新聞を見ていたら面白い記事を見つけました。

f:id:otaku-son:20150628191409j:plain

「鳩居堂」は、忌虫効果があるとされる除虫菊やユーカリ製油など天然の原料のみを使用した蚊よけを発売します。

  • 蚊の多い時期のお墓参りにも最適な「蚊よけ線香」
  • 外出の際の携帯にも便利な「蚊よけ匂袋」
  • 最高品質の老山白檀を使用し、奥深い香りもお楽しみ頂ける蚊よけ香」(「渦巻」「スティック」の2タイプ)

と、お好みに合わせてお選びいただけます。

蚊よけ線香、70年ぶり復活 京都・鳩居堂「香りも楽しんで」 : 京都新聞

オタク母は蚊とり線香や市販の虫除けがあまり好みでないので、ここ数年はアロマの虫除けを愛用中でした。玄関にバズオフの虫除けスプレーを置いておき、外出前のオタク息子の足元にプシュプシュと噴射しまくるのが夏の日課です。

(2016/5/20追記:今年も発売予定。新情報です!)

「鳩居堂」は大正時代にも蚊よけ効果のある商品を製造・販売していたそうです。天然ハーブの香りということで、とても気になりますね。「蚊よけ匂袋」をタンスに入れておけば、衣類に香りが移って蚊よけになりそうです。