京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

京都のお勧め和菓子!「こしあん」編。

https://instagram.com/p/0x2hluuISm/

「麩嘉」の店前。のれんが京都っぽいですね。

 

かなり前に「つぶあん」編を書いたきり、忘れていました。「婦人画報」の京都特集を読んで、思い出したので書いてみます。

otaku-son.hatenablog.com

 

大黒屋鎌餅本舗の「鎌餅」。

f:id:otaku-son:20150702222605j:plain

©京都タカシマヤ

本店は上京区の寺町今出川上がって鴨川の西側、同志社大学今出川キャンパスの北側にあります。こちらの「鎌餅(かまもち)」は、やわらかくて細長い求肥の中に、黒砂糖味のこし餡が入っています。甘さ控えめなので、いくつでも食べられてしまうのが悩み。

本店の他には京都タカシマヤの地下1階でも購入できます。オタク母が大好きな「銘菓百選」コーナーのレジ横に置いてあるため、買いやすい。お会計の途中でもつい、

「・・・あ、追加で鎌餅もお願いします!」

と、叫んでしまいます(苦笑)

 

澤屋の「粟餅」。

f:id:otaku-son:20150702224121j:plain

 

上京区の北野天満宮前にある小さなお店。ご家族で経営されており、注文すると目の前で作って下さいます。オタク息子がこちらの粟餅(こし餡)を大好きなため、近くに寄った際は必ず買いに行くのですが、お1人がお餅をちぎって投げ、別のお1人が丸める様子がライブ感満載。

きなこ餅も美味しいのですが、時間が経つとお餅の水分が出てくるのが苦手なので、あんこの方を多めにお願いしています。出来立てはあったかくて本当に美味しい!毎月25日には天神さんがあってたいへん混むので、できれば違う日に行くのをお勧めします。

 

麩嘉の「麩饅頭」。

https://instagram.com/p/47tQAjuITq/

季節によって変わるそうで、先日は「おかめさん」でした。

本店は上京区の京都府庁近くにあります。笹の葉に包まれたこし餡入りの麩まんじゅうが、とても美味しい!小ぶりなのでいくつでも食べられます。支店は錦市場にあり、ここでしか買えないものもあるようです。JR京都伊勢丹と大丸京都店でも購入できますが、通販なら婦人画報の公式通販サイトから購入可能です。

詳しくはこちら→婦人画報のおかいもの

本店のたたずまいが好みなので買いに行くことが多いのですが、伺うと必ず「ご予約ですか?」と聞かれ、続いて「できましたら事前に予約をお願いします」と言われます。今まで買えなかったことは一度もないのですが、祇園祭の時季だけは少量でも予約しておいた方がベターです。

 どれも美味しいお店ばかりですので、ぜひ行ってみて下さいね!