読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

梶井基次郎「檸檬」の「丸善京都本店」復活!&プレオープン招待状プレゼント!

f:id:otaku-son:20150728205107j:plain

リニューアルオープンする「京都BAL」。こちらに丸善が入ります。© WWD.JAPAN

 

梶井基次郎」って誰?

梶井基次郎は、大阪市出身の小説家です。31歳の若さで亡くなりましたが、井伏鱒二吉行淳之介開高健など世代や個性の違う多くの作家たちから高く評価され、三嶋由紀夫の書評は「梶井基次郎はこれだけ読め!」の帯にまで引用されています。

 

梶井基次郎はこれだけ読め!
古典教養文庫 (2013-08-31)
売り上げランキング: 18,144

こんな世の中、こんな自分、みんな爆破してしまいたい。

31歳という若さで夭折した著者の残した作品は、昭和文学史上の奇蹟として、声価いよいよ高い。その異常な 美しさに魅惑され、買い求めた一顆のレモンを洋書店の書棚に残して立ち去る『檸檬』など、特異な感覚と内面凝視で青春の不安、焦燥を浄化する作品20編を収録。

新潮社「檸檬」より

 

檸檬 (新潮文庫)
檸檬 (新潮文庫)
posted with amazlet at 15.07.29
梶井 基次郎
新潮社
売り上げランキング: 28,209

 

ミーハーなオタク母は、梶井基次郎がレモンを買い求めたという寺町二条の果物屋「八百卯」にも行ってみたことがあります。2階のフルーツパーラーで桃のパフェを食べて帰ってきましたが、残念ながら数年前に閉店してしまいました。

asahi.com(朝日新聞社):小説「檸檬」の店、「八百卯」が閉店 - ひと・流行・話題 - BOOK

 

丸善ネットストアで、「丸善京都本店」プレオープン招待状プレゼント!

丸善京都」は10年前に閉店したのですが、BALのリニューアルオープンと共に復活!併設されるカフェでは、限定のレモンスイーツも販売されるそうです。楽しみだなあ、と思っていたら面白そうなキャンペーンを見つけました。

2015年8月21日、約10年ぶりに京都に丸善書店が復活致します。それを記念して、丸善ジュンク堂ネットストアでは、グランドオープンの前日(8月20日)に丸善 京都本店でお買い物ができる「プレオープン招待状」を100名の方にプレゼントします。

  • 応募条件:2015年7月21日(火) 12:00 ~ 8月7日(金) 9:59の期間、丸善&ジュンク堂ネットストアにて宅配便またはお急ぎ便にてご注文された会員登録のあるお客様(ゲスト注文は不可)
  • 応募方法:受注完了メールに記載されているURLから応募フォームへ進み、必要事項を記入して送信してください。
  • 応募期間:2015年2015年7月21日(火) 12:00 ~ 8月10日(月) 9:59
京都の丸善書店が登場する梶井基次郎『檸檬』(新潮文庫)を含むご注文の場合、当選確率がアップします!

「檸檬」を注文すると当選確率が上がるというのは面白いですね。オタク息子が最近綾辻行人にハマっているので、今さらですが「水車館の殺人」「人形館の殺人」を買ってみました。招待状、当たるといいなあ!