京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

「本田味噌本店」の一わん味噌汁を美味しくつくるコツ。

<こちらは人気記事のため、随時更新しています(最終更新:2017.4.29)>

https://instagram.com/p/5QdtkyOIQC/

「とらや」一条店での帰りにパチリ。

本田味噌本店は創業1830年の老舗。 本店は御所の西側、羊羹で有名な「とらや」の近くにあります。歌手の河村隆一さんを始め、数々の有名人御用達のお店。オタク母の周りでも、

「お味噌はここのでないとあかん、他のやとお味噌汁の味が決まらへんわ~」

という方が多く、地元民にも愛されています。

 

本田味噌本店の即席味噌汁「一わんみそ汁」。

https://instagram.com/p/56n_0CuIXB/

大丸京都店で「なめこ」をお持ち帰り。親切な店員さんでした(^-^)

こちらの人気商品は麩焼に入ったフリーズドライのお味噌汁「一わんみそ汁」。お椀に入れてお湯を注ぐだけで、お手軽に美味しいお味噌汁が飲める人気のお品です。

  • 紅こうじ
  • 油揚げ(ふくさ)
  • とうふ(赤みそ)
  • なめこ(赤だし)

の4種類があり、どれもそれぞれ美味しい!大丸オンラインストアなら、予算に応じていろいろな詰め合わせが選べます。

5個入りは1,080円(税込)とお手ごろ価格なので、ちょっとしたお礼やお返しによく使われます。京都土産として配る方も多い人気の品です。

 

Amazonの「タカシマヤ(公式)」でも購入できます!

本田味噌本店の方に教えて頂いたのですが、

「麩焼を割ってからお椀に入れて、お湯を注いで下さいね。」

ちょっとしたコツですが、そのほうがよくふやけて美味しいのだとか。

早速お昼時に「なめこ」を作ってみましたが、うまく割れなかった麩焼でもお湯をかければ全て具になってしまいますので大丈夫。インスタント味噌汁とは違ったコクのある風味が美味しい!具のなめこも歯ごたえがあって、シンプルな赤だしとよく合っていました。

Amazonのタカシマヤ(公式) でも購入できます(他のお店はちょっとお高いのですが、こちらは安心)。宜しければお試し下さいね(^-^)