読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

ミシュラン3つ星「菊乃井」の鱧寿司と、わらび餅を食す。

https://instagram.com/p/57TQkkOIVK/

 「今週のお題」夏の食事

オタク息子が夏合宿で不在なので、ちょっと気楽です。昨日はオタク父も夕食は不要だということで、美味しいものを探しに京都タカシマヤまで出かけました。地下をパトロール中に発見したのは「菊乃井」の鱧寿司。ちょっと贅沢ですが、ふんぱつして買ってみました。

 

「菊乃井」って?

「菊乃井」は大正元年(1912年)創業の老舗料亭。豊臣秀吉の妻・北政所(ねね)が茶の湯に用いたとされる「菊水の井」から名づけられたそうです。ミシュランの常連で、昨年は3つ星でした。ご主人の村田吉弘さんは和食を日本内外に広める活動もされており、オタク母の仕事先でも何回かお見掛けしたことがあります。見たままの気さくなおじさまでした(笑)

テレビにもよく出演されていて、毎日放送水野真紀の魔法のレストラン」ではレギュラーコーナーをお持ちだったように記憶しています。

 

こちらのお嬢さんも、数年前に葵祭の斎王代に選ばれています。将来の若女将だそうですが、色白のべっぴんさんです!お母さま似ですね(笑)

f:id:otaku-son:20150804015706j:plain

 

「菊乃井」本店はちょっと敷居が高いですが、木屋町にある「菊乃井露庵」は村田吉弘さんの弟さんがいらっしゃって、ランチで6000円~とお手ごろな価格で食事がいただけます。実家の母が以前伺った時は、丁寧に作られたお料理がとても美味しかったそうです。

 

「菊乃井」の鱧寿司で暑気払い!

https://instagram.com/p/58N2ClOIQM/

竹の皮の包みを開けてみますとお寿司と「がり」、たれらしきものが丁寧に包んでありました。鱧も分厚く、粉山椒が効いてとても美味しかったです。お寿司が4切れ入って1500円。少しお値段は張りますが、夏の京都を味わうのにぴったり!

デザートと称して、鱧寿司の横にあった「わらび餅」も購入してしまいました。500円也。控えめな量でしたが、美味しかったです!

f:id:otaku-son:20150805091104j:plain

f:id:otaku-son:20150805090409j:plain

雑ですみません(汗)

今日の「夏の食事」、ひとりなのでちょっと贅沢してみました。最後まで美味しかったです。ごちそうさまでした!