京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

オタク息子、天むす発祥の三重県・津市で「千寿」の天むすを食す。

https://instagram.com/p/6T26UbOIe5/

「千寿」で持ち帰りの「めいふつ『天むす』」を頼む。

三重県のグルメをひとつ忘れていました。2泊3日の最終日はオタク父の提案で、京都へ帰る前にちょっと寄り道することに。昼食は行きたかったお店がホテルのすぐ近くにあることに気づき、テイクアウトすることにしました。これならどこでも食べられます!

「千寿」は「天むす」発祥の店。有名な名古屋の「千寿」はこちらから暖簾わけされたお店だそうです。10時頃にお店に入って注文すると、カウンター内でおばちゃん達がてきぱきと作ってくれてすぐ出来上がりました。待っている間にも次々とお客さんが入ってきて、
「外で待ってるし、作っといて下さい」「さっき電話で注文した分を取りに来たんやけど、できてる?」
と、大人気。行列こそできていませんが、地元民に愛されているお店という印象を受けました。ちなみに天むすは5個で650円なり。

オタク息子、天むすをパクつく。

https://instagram.com/p/6cqHaROIVz/

寄り道してから言葉少なに帰路についたところ、しばらくしてオタク息子がおずおずと

「・・・あの、お腹空いたし天むす食べていい?」
と、言い出しました。

そう言えばもうとっくにお昼の時間。慌てて天むすの包みを出してみました。まだほのかに温かな包みを開けてみると、手作り感あふれる美味しそうなおむすびが並んでいます。ワクワクしながら、口にほうり込んでみました。

語彙が貧弱でお恥ずかしいのですが、天ぷらに絶妙な塩味がついていて本当に美味しい。食べ始めると止まらず、10個がすぐに無くなってしまいました。全員一致でお店に逆戻りして、追加で25個も買って帰ることに・・・(笑)。 再び行ってみると、カウンターにはたくさんの人が座って召し上がっていました。

https://instagram.com/p/6WD_KGOIRR/

この写真を見ながら、オタク息子が
「これ、美味しかったなあ!」
と一言。本来の目的、伊勢神宮よりも印象に残ったようです(笑)。津市に行かれた際はぜひともお試し下さいね。お勧めです!

ちなみに「津都ホテル」からは徒歩3分で行けるお店です。ラストオーダーは17:00ですので、お早めに。

Yahoo!トラベル×一休.comのお得なプランはこちら→<Yahoo!トラベル>津都ホテル

津観光の耳寄り情報。

f:id:otaku-son:20150820051844j:plain
都ホテルの部屋でデスクの引き出しに入っていたのが「津ぅウォーカー」。パラパラとめくってみたら、事前にスマホやパソコンで調べた美味しいお店情報が全て載っていました!こじんまりとした所なので、食べたり遊んだりする場所も限られるようです。津に行かれることがあれば、ぜひ読んでみて下さいね。ちなみに表紙は津出身の有名人、レスリングの吉田沙保里さんでした。


地元ならではの情報満載。お勧めです!