京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。美味しいものが大好き!

京都のお勧め鯖寿司、ベスト3。お取り寄せも一部可能!

<こちらは人気記事のため、随時更新しています(最終更新:2019.12.13)>

f:id:otaku-son:20150902165705j:plain

花折の本店。下鴨にあります(^-^)

京都ではお祭りやハレの日には鯖寿司を食べる習慣*1があり、地元民は寿司飯(シャリ)が酸っぱい甘い、鯖の大きさなどでそれぞれ好みのお店を持ってはります。個人的にお気に入りのお店をいくつか挙げてみます!

 

花折(はなおれ)

「花折」の鯖寿司は、ちょっとゴツめ。

全国にファンがいる有名店です。お店は左京区の下鴨にあり、下鴨本通に面していますが工房は滋賀県。オタク父の友人(大阪府在住)も、わざわざ取り寄せるほどのお気に入りなのです。

  • お寿司自体はかなり大ぶり
  • 酸味がしっかりと効いたお味

京都市左京区下鴨宮崎町121

℡:075-712-5145

営業時間:9:00~18:00(L.O.15:30)

食べログ「花折 下鴨店」

通販も可能ですが、全国各地で催事に出店されていますので、宜しければチェックしてみて下さい。京都では本店と、京都タカシマヤの地下でも販売されています。

京都グルメ、京都土産に鯖街道花折の京,鯖寿しを|TOPページ

 

いづう

f:id:otaku-son:20160825085113j:plain

お取り寄せはこちら→<いづう>鯖姿寿司1本入り

東山区の祇園にある超有名店。イートインが併設された支店が大丸京都店にあります。竹の皮包みを開けると、どてんと黒っぽい物体が入っていてちょっとびっくりしますが・・・鯖寿司が固い昆布で巻かれて入っているのです。ご安心を(^-^)

  • 味付けは酸っぱ過ぎず、あっさりして個人的に好み
  • 鯖も脂がのってしっとり柔らかめ

「いづう」の鯖寿司は、大丸京都店にも店舗がある老舗モールから通販が可能です。よろしければご覧下さいね。

京都市東山区八坂新地清本町367

℡:075-561-0751

定休日:火曜(祝日除く)

食べログ「いづう」

 

いづ重

f:id:otaku-son:20181026003406j:plain

明治末にいづうから独立されたお店、八坂神社の真ん前にあります。鯖寿司は、いづうよりも小ぶりでまあるい形。実はいづうよりも、こちらの鯖寿司の方が好みだというグルメな先輩方多し。

  • 少し柔らかめの酢飯
  • 切れ込みの入った柔らかで肉厚の鯖

こちらは、いなり寿司や箱寿司も有名です。どれもお味が上品、見た目も美しいので人気の品です。

℡:075-561-0019

10:30~19:00、日曜営業

定休日:水曜(祝日の場合は翌日)

食べログ<いづ重> 

   

番外:大善

f:id:otaku-son:20150902174935j:plain

©京都グルメタクシー

個人的に好みのお店。こちらの鯖寿司も硬めの昆布で巻かれているので、外していただきます。少し大きめのお寿司で、甘さ控えめのあっさりしたお味。程よい酸味が美味しいです。

あるお昼に伺いましたら、ご主人がすまなさそうに

「すみません!台風で海が時化て、昨日から魚があまり入ってないんです」

ということで、オタク母は鯖寿司と箱寿司をいただきました。まだ幼かったオタク息子には、いつもお願いしていたマグロと寿司飯で丼を作って下さいましたが・・・彼はマグロには白ご飯が好み。でもせっかく作って下さったので、黙ってしょんぼりと食べていました。ありがたく、懐かしい思い出です。

京都市右京区嵯峨伊勢ノ上町10-3

℡:075-882-0018

定休日:木曜

食べログ「嵐山 大善」

これからは鯖の美味しい季節!京都に来られたら、ぜひ美味しい鯖寿司を食べて下さいね!

*1:昔は新鮮な魚が手に入りにくかった京都市内。若狭湾の小浜から鯖に塩をして京都の出町まで運ぶと、着いたときにちょうどいい塩加減だったそう。この道がいわゆる「鯖街道」で、その鯖を酢でしめたものが鯖寿司なのです。