読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

オタク息子、兵庫県・有馬温泉「御所坊」へ行く。

家族旅行 ホテル

シルバーウィークは家族でどこかへ出かけたいのですが、息子が体育系クラブに入っているのでなかなか計画が立てられません。近場で1泊して温泉でも行こうかな・・・と探していて、以前よく伺っていた温泉を思い出しました。

有馬温泉のお勧め、「御所坊(ごしょぼう)」。

「御所坊」は兵庫県有馬温泉にあるとても素敵な温泉旅館で、吉川英治谷崎潤一郎がよく利用していたそうです。地元の特産物を使った食事も美味しくて、オタク息子が幼い頃はよくお邪魔していました。

何回かお邪魔するうちに仲居さんとも顔なじみになり、地元で人気の美味しいお店、「さくら食堂」を教えてもらいました。気さくでリーズナブルな食堂なのに結構美味しくてお気に入りだったのですが、少し前に閉店されてしまいました・・・残念です。

お風呂でのできごと。

ある日のこと、到着していつも通り温泉へと向かいました。男子チームは男湯へ、オタク母はひとりで女湯へ。こちらの男湯と女湯は、写真のように石と棒で仕切られているだけなのです。(とは言え、有馬温泉のお湯は金泉と呼ばれる赤茶色。湯けむりがモウモウと上がっていることもあって、実際はほとんど見えません)

お風呂の様子です。普段は湯気がもうもうと上がっています・・・

女湯の端っこでしばらくつかっていると、男湯の方で

「お父さん!誰もいないよ!貸切やわ!」

と喜ぶオタク息子の声がします。オタク母が仕切りのところに行ってみると、ちょうど向こう側に息子&父の姿が見えました。息子とは目が合って、喜んだ息子は手をふってくれましたが、オタク父は会釈するのみ。

「会釈?何で??」

と思いながら身支度をして部屋に戻ったら、先に戻っていたオタク父が、

「いや~、お湯につかってたら女湯にいたおばあさんと目が合ってなあ。思わず『こんばんは~』って頭下げてしまったわ」

・・・メガネをはずしていたド近眼のオタク父は、備え付けの半透明なシャワーキャップをかぶったオタク母を「白髪のおばあさん」だと思ったらしいのです。

こんなに美人ではありませんが・・・

あの湯気の中、ド近眼人間なら無理もないのかなあ。ノーメイクだったし、「おばさん」ではあるけれど・・・何だか複雑な気分(苦笑)

ゆっくり&のんびりできます。平日はお値打ちです!

最近のオタク息子はガンダムフロントやUSJなどの賑やかな場所に行きたがりますし、お宿もプールつきのところに泊まりたがるので、こういうのんびりした場所にはあまり行かなくなりました。でも、ゆっくりしたいときは本当にお勧めのお宿です。特注のお布団も、ぐっすり寝られます。お盆などの休日・連休時は値段がグッと上がりますので、もし可能ならば平日が狙い目です!