京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

オタク母、京都・出町「ふたば」の豆餅を食す。

f:id:otaku-son:20150924234144j:plain

「ふたば」の豆餅。©KBS

いつも行列、出町の「ふたば」。

左京区出町柳近くの「ふたば」。豆餅が有名ですが、幼い頃はあの豆が嫌いで食べられなかったので、お客様に頂いた時には豆だけをこっそり抜いて食べていました(苦笑)

お店の前を通りがかった時に行列が少ない時は、これ幸いと並んでみるのですが・・・店頭につるしてある鏡に顔が映ってちょっと恥ずかしい*1。鏡から視線をそらしつつ、注文をさばくお姉さんの慣れた手さばきを眺めてしばし待ちます。大人用には豆餅、オタク息子には三色の花見団子を購入するのがいつものパターン。

並ぶのが面倒な方は京都タカシマヤ・JR京都伊勢丹の地下でも購入できますが、出町のお店がお休みの水曜は入荷がありませんのでご注意。

 

https://instagram.com/p/06xO_tOIfR/

昨年末の「ふたば」。これでも少ないほうかも?

 

「ふたば」からの寄り道。

f:id:otaku-son:20150925002707j:plain

見にくくてスミマセン。自宅用ならお得です。

「ふたば」に行った際は、まず向かいのこんにゃく専門店「尾崎食品」へ寄って、こんにゃくの切り落としと「寒天じゅれ」の特価品を買って帰ります。「寒天じゅれ」はフルーツ味のこんにゃくゼリー。大丸京都店の地下なら1個130円ほどなのですが、特価品は2個で150円!作るときに泡が入ったりしたものをお安く買えるのです。グレープ、ピンクグレープフルーツなどがありますが、オタク母のお勧めはマンゴー。甘過ぎず、つるっと食べられます。

気が乗ればそのまま歩いて「みつばち」へ。一人でお茶するにはぴったりの落ち着いた雰囲気の甘味処です。あんこが美味しいと評判のお店ですが、寒天も美味しい!

みつばち - 出町柳/甘味処 [食べログ]

または「御所雲月」も近いです。京都っぽいお手ごろなランチも良し、名物「小松こんぶ」を買うのも良し。

 

他にも近くには有名な出町枡形商店街があります。 鯖寿司、お漬物などの美味しいお店がいっぱい!せっかく出町まで来られたなら、色々楽しんで帰って下さいね。

*1:あの鏡はお客さまの注意を引くために置いてあるということです。