京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

カニ漁解禁!京丹後市・間人(たいざ)へカニを食べに行こう!

<こちらは人気記事のため、随時更新しています(最終更新:2017.12.1)>

https://instagram.com/p/003eVFuIU0/

昨年頂いたこっぺがに(せこがに)。間人のタグではありませんが、美味しかった!

 

京都府の北部、京丹後市の丹後半島はかにで有名です。ここ最近、グルメな方に人気なのは間人(たいざ)。以前、ご紹介したへしこの美味しいお店「味工房ひさみ」があるところです。

お勧め!京都・丹後半島「味工房ひさみ」と「浜分」のへしこ。 - オタクな息子観察日記

間人で獲れる松葉がに「間人がに」が最近、食通の方に大人気!松葉がにのメスは「せこがに」、ちょっと詳しい方は「こっぺがに」とも言いますがとても美味しい!小ぶりなかにですが、特にかにミソとコ(卵)が美味しいのです。

 

間人で、美味しいかにが食べられるお宿。

先ごろ京都縦貫道が開通したので、丹後半島へのアクセスがかなり便利になりました!神戸・大阪からは2時間半で来られるようになり、間人へかにを食べに行く方も増えているようです。個人的にお勧めのお宿をご紹介しますね(^-^)

寿海亭

詳しくはこちら→一休.com<寿海亭>

この辺りのお宿はよく言えば田舎っぽいところが多いのですが、最近の人気は「寿海亭」。市場の仲買人さんが経営されているこじんまりとしたお宿ですので、1日8組のみ限定。シーズン中は1泊2食つきで1人20,000円~ほどになりますが、大人気です。

上のお写真は「京都人の密かな愉しみ」でエドワード(団時朗)が美味しそうに召し上がっていた蟹料理、下の写真は檜風呂です。気持ちよさそうでしたね~羨ましい(^-^)

 

和み庵「空と海」

数年前、夏のお盆時にやっと取れたのが「和み庵「空と海」」。おそらく古いホテルか何かを改修されたらしく、お部屋のドアがあまりに簡素なのでちょっとびっくりしますが・・・中はとても素敵で、バルコニーも海に面しており眺めが素敵!お食事も土鍋ご飯が出たりと素朴で美味しかったです。

小さいですがプライベートビーチもあるので夏でも楽しめます。オタク息子は海が珍しかったのか、クタクタになるまでずっと遊んでいました。冬でも1泊2食で17,000円~と、かなりお値打ちです!

詳しくはこちら→<一休.com >和み庵「空と海」

 

お取り寄せなら、間人の「平七水産」。

f:id:otaku-son:20151125131218j:plain

短足って(^^;

なかなか気軽に行けない方にはお取り寄せもお勧めです。間人にある超有名店「平七水産」なら、傷ものや短足の間人がにがお得です!茹でせこがに(大)でしたら、一匹2,000円ほどです。

丹後間人「平七水産(株)」 --幻の間人(たいざ)がに全国発送 間人かにのことなら当店で--