京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

祇園祭・長刀鉾のお稚児さんの家に、警備員つきで飾られるものって?

<こちらは人気記事のため、随時更新しています(最終更新:2017.7.1)>

f:id:otaku-son:20151201095644j:plain

後輩さんのお店。名門「永観堂幼稚園」のポスターが!

オタク母の大先輩にはユニークな方が多く、勉強になるお話をいつも聞かせて下さいます。

少し前になりますが、後輩のお家から祇園祭のお稚児さんが選ばれたのでお祝いを持って行かはったそうです。着いてみると、家の前に警備員さんが数人。なぜだろうと思って後輩に尋ねたところ、

「八坂さんから大事なもんをお借りしてますので・・・」

だとか。八坂神社の御祭神、牛頭天王(ごずてんのう)*1の掛け軸だそうです。家に祭壇が設けられて、祇園祭の間はずっと飾られるのだとか。掛け軸だけでなくお稚児さん本人の警護もあるのでしょうが、警備員さんがいるとはびっくりです。

追記:下のお写真は2017年のお稚児さんのお写真。牛頭天王の掛け軸が見られます。京都新聞さん、ありがとうございますm(__)m

f:id:otaku-son:20180505092356j:plain

「大役担う」稚児覚悟 祇園祭・長刀鉾、結納の儀 : 京都新聞

お稚児さんに選ばれると衣装代、お礼などを含めて莫大な費用がかかるそうですが、こういった細々としたものも含まれるのでしょうかね(^^;

 

コタツより大きな?祭壇が飾られるお家も。

月刊京都2017年7月号[雑誌]

別の大先輩は数年前、お稚児さんに選ばれた別のお家*2にお祝いに行かはったそうなのですが、コタツよりも大きな、びっくりするような大きさの祭壇があったとか。

「あんな祭壇、今まで見たことがないわ。めっちゃ大きかったで!」

だそうで・・・やはり稚児・禿のお2人分だったのでしょうか(^^; 

*1:もとはインドの祇園精舎の守護神。スサノオノミコトの別名とも言われています。

*2:ご兄弟で同時に稚児、禿に選ばれたお茶専門店です。選ばれはった年、四条通に専門店がオープンしました。