京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

京都通好み、「総本家松葉」のにしんそば。

f:id:otaku-son:20151224050747j:plain

もうすぐ大晦日。京都では、年越しに「にしんそば」が人気です。にしんそばとは、かけそばの上にみがきにしんの甘露煮を載せたおそばのこと。オタク母の大先輩にもにしんそばを大好きな方が何人かいらっしゃいますが、どなたも京都通のご年配の方ばかり!

先日も総本家尾張屋でおそばを食べていたら、にしんそばを注文されている方がちらほらいらっしゃいましたが、どの方もやはり渋めのおじさまばかり。やはり通好みのおそばだと確信しました(^-^)

f:id:otaku-son:20151224050403j:plain

実はオタク母、以前はあの甘いにしんが大嫌い!だったのですが(^-^;、少し前から美味しさが分かるようになってきました。おつゆに浸したにしんを少しずつかじりながら、お葱をたっぷり入れたおそばを食べると美味しい!

 

京都でにしんそばと言えば、総本家松葉。

にしんそばで有名なのが南座の隣にある「総本家松葉*1」です。

文久元年(1861)、初代松野与衛門が、現在の南座向かいにあった北座で芝居茶屋を誕生させ、屋号を「松葉」としました。明治15年2代目松野与三吉に より、「にしんそば」を発案するに至りました。もともと、みがきにしんは京の人々にとっては大切なタンパク源であり保存食でした。2代目松野与三吉はこの にしんとそばを合わせることで、栄養バランスのとれた「にしんそば」を世に送り出したわけです。

「松葉」ウェブサイトより

京都に来たら、ここのにしんそば*2を食べて帰る!という方も多い人気のお店なのです。ここのにしんそばは、他と違ってダントツに美味しいのだそうですよ。ちなみにこちらのにしんそばは、そばの下ににしんが隠れていますのでご注意下さいね。*3

*1:「松葉」と隣のうなぎ専門店「祇をん松乃」は元々ご親戚だと聞いたことがあるのですが、本当かな?

*2:個人的には松葉の夏限定「冷やしにしんおろしそば」が一番好みです。大根おろしの辛さが、にしんの甘さとぴったり。

*3:にしんがちょこっと顔を出すような盛り付けですので、単なる「かけそば」と間違える方もいるようです(^-^;