京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

「あさが来た」ではヴォーリンガー。広岡浅子の娘婿の妹、一柳満喜子は建築家ヴォーリズの妻!

f:id:otaku-son:20160306000438j:plain

一柳満喜子とヴォーリズ。©近江兄弟社

NHKの連続テレビ小説「あさが来た」に合わせ、主人公のモデルで女性実業家の広岡浅子と、米国人建築家ヴォーリズの妻として滋賀県近江八幡市で教育事業を手掛けた一柳満喜子の交流を紹介する企画展が、同市新町2丁目の市立資料館で開かれている。
満喜子は広岡家の婿養子となった兄の家に家庭教師として出入りし、浅子と出会った。展示では2人の関係や事業を解説するパネルや満喜子の遺品が並ぶ。
2人は女性の社会進出に力を注ぎ、教育事業に関わるなど共通点が多い。また、当時異例だった華族の子女の満喜子と外国人ヴォーリズの結婚は、浅子の強力な後押しで実現した。
3月26日まで。月曜休館。有料。午前9時~午後4時半。問い合わせは同館TEL0748(32)7048。
f:id:otaku-son:20160305235430j:plain

京都新聞より

『あさが来た』での千代(あさの娘)の夫は工藤阿須加くんが演じる東柳啓介。千代と結婚し、白岡家に婿入りして家業を継ぎます。番組に出てはきませんが、彼の妹が一柳満喜子になります。
f:id:otaku-son:20160322023713p:plain


ヴォーリズと浅子は遠い親戚!

『あさが来た』には大企業や銀行、学校を興した著名人が多く出てきますが、建築には超疎いオタク母(笑)でもヴォーリズにはちょっとびっくり。少し前には大阪のYWCAで、「広岡浅子とヴォーリズ・一柳満喜子の三人を結ぶ点と線」という展示があったそうです。一柳満喜子さんは近江八幡にある近江兄弟社学園長も務められたそうで、本当に「あさ」みたい!

f:id:otaku-son:20160306015314j:plain


ヴォーリズの手掛けた、「東華菜館」。

f:id:otaku-son:20160306135621j:plain
ヴォーリズは数々の有名建築物を手掛けましたが、京都には有名老舗中華店「東華菜館」があり、こちらはヴォーリズが手掛けた唯一のレストランだそうです。四条大橋にあるお店は外観もレトロで素敵!エレベーターは日本最古の手動のエレベーターで、見るたびに映画『死刑台のエレベーター』を思い出してしまいます。

f:id:otaku-son:20160306013831j:plain


亀助さんのスピンオフドラマの放送も決まり、絶好調の『あさが来た』。収録は昨日クランクアップだったようですね。もうすぐ終わりかと思うと、とても寂しいです。