読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

ピーコもお勧め!柚子風味のお饅頭、通好みの「平安殿」。

f:id:otaku-son:20160307061442j:plain

「御菓子司」の看板。

京都には和菓子屋さんがたくさんありますが、「平安殿(へいあんでん)」は実家の母に教えてもらって初めて知ったお店。平安神宮からの神宮道に面しているのですが、実はお店の前を通るたびに看板を見て「御菓子司は分かるけど・・・何て書いてあるんだろう?」と思っていました。

こちらは陶芸家・富本憲吉さんの書だそうです。名物は店名そのままの「平安殿」というお饅頭です。お値段は1個110円(税抜)。

f:id:otaku-son:20160307121944j:plain

実家の母曰く、

「テレビで見たけど、ピーコさんもこのお菓子が好きなんやって。味にウルサい人のお墨付きやで!」

だそうで(笑)

 

冬至の日に、ゆず風味の「平安殿」。

「平安殿」の包みを開けてみましたら、外側がひび割れていました。市販のお饅頭を仏壇にお供えしておいたら、乾いてこんな感じになるような気が(笑)。でもこれはわざとひび割れを入れてあるそうです。

京都吟味百撰、京ブランドに認定された当店代表和菓子です。
平安宮の緑釉軒丸瓦の文様を表現するため、わざとひび割れ文様を入れております。
秘伝の香ばしい焼皮と柚子の香り高い白餡の風味は、お茶席の友に、四季の御進物に欠かせない逸品です。

平安殿ウェブサイトより

中身はゆず風味の白あん。 派手さはありませんが、京都らしく丁寧に作られたお菓子です。先日の冬至の日にいただいてみましたが、ゆずがほのかに香って美味しかったです。熱いほうじ茶とはベストマッチ!

平安殿の本店、京都タカシマヤの地下、京都駅ビル等で購入可能です。詳しくはリンク先をご覧下さいね。

直営店のご案内 - 株式会社 平安殿

f:id:otaku-son:20160307062808j:plain

 

もう一つの名物、平安饅頭。

f:id:otaku-son:20160307063225j:plain

こちらはお饅頭「平安饅頭」も有名。カステラ生地に黄身あんのお饅頭です。ちなみにパッケージの文字は武者小路実篤だそうで、店内には直筆の額も飾ってあります。もっと宣伝すればよいのに、あえてそれをしないのは古き良き京都人らしい奥ゆかしさなのかなあ。

f:id:otaku-son:20160307061806j:plain

武者小路実篤の「平安饅頭」。

京都と言えば八ッ橋や阿闍梨餅が有名ですが、平安殿は通好みのお菓子。賞味期限は15日間と日持ちがするお菓子ですので、進物用としてもお勧めです。よろしければお試し下さいね!