読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の美味しいものや面白そうなことについて書いています。

桂・中村軒の「お赤飯」「花見だんご」を食す。

グルメ おつかいもの・手土産

f:id:otaku-son:20160328010829j:plain

中村軒。桂離宮のすぐ前にあります。

タカシマヤカードのポイントが貯まったので、京都タカシマヤのお気に入りコーナー「銘菓百選」に行ってみました。こちらには京都の有名なお菓子がずらっと並んでいるのでとても便利。ちなみにパティスリーカランは常設ではなく、期間限定です。

 「銘菓百選」でのお気に入りは大黒屋釜餅本舗の「御鎌餅」、美玉屋の「黒蜜だんご」なのですが今日はちょっと趣向を変えてみることに。桂にある中村軒は「麦代餅(むぎてもち)」が有名です。お餅の中につぶあんがはさまれた素朴なお菓子です。

f:id:otaku-son:20160328010354j:plain

麦代餅は昔から、田植えどきの間食として供せられ、また、多忙な農家などでは日頃もこれが重宝がられました。
かつては、この一回分の間食が麦代餅二個でしたが、これを農作業の各田畑まで直接お届けし、農繁期も終わった半夏生の頃、その代金としてあらためて麦を頂戴しにあがったのです。麦代餅二個につき約五合の割、いわゆる物々交換の名残でございます。このように、麦と交換いたしましたので、「麦代餅」の名が生まれました。

中村軒ウェブサイトより

f:id:otaku-son:20160328104715j:plain

田植え時の間食として重宝されたということで食べごたえがあり、ミニサイズもあって人気の品です。本店以外でも、JR京都伊勢丹、大丸京都店、梅田阪急、大阪高島屋、名古屋高島屋などで購入できます。

京都 桂 和菓子の中村軒(なかむらけん)

 

色合いが美しい!中村軒の「お赤飯」と「花見だんご」。

f:id:otaku-son:20160328105051j:plain

と、言いながらこの日は中村軒の「お赤飯」「花見だんご」、出町ふたばの「よもぎ餅だんご」を購入してみました。お腹が空いていたこともあって、ワクワクしながら帰宅しました。これで合計2,000円ちょっと。

f:id:otaku-son:20160328104735j:plain

さて、お赤飯ですが開けてみるとなんと美しい色合い!昔ながらの「きびがら」で染めてあるそうです。お味も濃すぎず、薄すぎない絶妙な塩味が美味しくてパクパクと食べてしまいました。

f:id:otaku-son:20160328104753j:plain

花見だんごも淡い色合いが素敵!ピンク色のおだんごには桜が入っているそうです。お味も甘すぎず、上品な味わいで好みでした。

本店はちょっと遠いですが、マンゴーなどのかき氷も有名です(今年は4/23~になります)。催事も全国のデパートでされていますので、もし機会があればお試し下さいね。