読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

<夏柑糖2016>老松の「夏柑糖」has come.

グルメ おつかいもの・手土産

毎年楽しみにしているものの1つ、老松の「夏柑糖」。夏みかん果汁と寒天を合わせて皮に注ぎ入れて固めたものです。だんだんと値上がりして、今や1個1,512円(税込み)というお値段に・・・。

過去記事でも書きましたが、オタク母の実家では今は無き「生風庵*1の和菓子と共に、お客様が来られたときにしか食べられなかった憧れの品でした。食いしん坊のオタク母は、昨年思い切って大人買いして1人で食べてみました(笑)

 

期間限定、貴重な「夏柑糖」。

夏柑糖の販売は毎年4月1日~9月ごろまでで、その後はグレープフルーツを使った「晩柑*2」に変わります。でも昨年は夏みかんの不作で、7月末から早々に晩柑へ切り替わっていました。例年より1か月以上も早くてかなり驚きましたが、今年も何十年に一度の不作だそう。

でも老松の方に聞いたところ、大丸とは今年の発売当初から買い取り契約をしたので、在庫分がなくなるまでは大丸オンラインショッピングで通販が可能だそうです。

有職菓子御調進所 老松 オンラインストア

 オタク息子は夏柑糖の写真を見て、

「あ、あのみかんのゼリーやな!」(厳密にはゼリーではなく寒天なのですが)

と、つぶやいておりました。昨年食べて美味しさが分かったよう。今年は、隠しておいても食べられてしまうかも・・・(笑)

 

「夏柑糖」の購入方法(7/1:追記しました)。

 

<実店舗>

  • 老松嵐山店、老松北野店、大丸京都店(京都)
  • 伊勢丹新宿店(東京)
  • ルクアイーレイセタンフードホール(大阪)

<通販>

さすが大丸さん、老舗とのつながりが強いですね・・・。また値上げされてるかもしれへんけど(-_-;)、来年は早めに購入しようっと。

*1:鞍馬口にあった予約販売のみの和菓子屋。餡の三色だんごが大好きでした。

*2:品種名ではなく、グレープフルーツの果汁を使った寒天になります。