読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

「トットてれび」でも大人気!向田邦子のお取り寄せリスト、「『う』の引き出し」の京都版。

f:id:otaku-son:20160524105636j:plain

先日から始まった「トットてれび」。最近は向田邦子さん(ミムラ)がよく出られて、しかもご本人によく似ているのでとっても嬉しいです。

オタク母は向田邦子さんのエッセイが好きでよく読むのですが、食べ物関連の話題が多いのが嬉しい!京都のお話もちょくちょく出てくるので、楽しく読めます。


うまいものがいっぱい!「う」の引き出し。

f:id:otaku-son:20160524110150j:plain

忙しくても食べることには手を抜かなかった食いしん坊の向田さん。リビングに置かれていた整理棚の「う」の引き出しには全国各地の「うまいもの」の切り抜き・栞が入っていたそうです。中でも京都関連では、

  • 瓢亭「梅の甘煮」
  • 永楽屋「一と口椎茸」
  • 松屋常盤「味噌松風」

と、3つの切り抜きが入っていたそう。どれも京都の名店ですね。
向田さんによると「思いもうける」=注文してから届くまでを期待して楽しみに待つことで、うまいものがより美味しく感じられるのだそうです。

遠くのものを取り寄せるのは手間ひまがかかる。郵便局で為替の行列に並んだりするのは確かにおっくうだ。鶯などという字は書くだけでも骨である。これも「思いもうける」うちなのだ。お金を送り、もうぼつぼつ着く時分だとソワソワし、着いたら誰と誰にお裾分けしようかと考えながら待つひとときがあるからこそおいしいのである。
思いもうけて・・・「女の人差し指」より

気軽に全国各地の美味しいものが食べられるこの頃ですが、期待しながら味わって食べたいなあと改めて思いました。

向田さん好みのお取り寄せリスト。

f:id:otaku-son:20160525035602j:plain

瓢亭

南禅寺近くにあるミシュラン1つ星の料亭です。少し前には先代のご主人がBS「悠久の京都」で椎名桔平さんと京都巡りをされていました。ご主人は「有次」「オ・グルニエドール」などが行きつけだそうです。さすが!

普通に伺うと30,000円ほどする懐石料理のお店ですが、5,000円ほどでいただける手軽な「朝がゆ」がお勧めです。向田さんお気に入りの梅の甘煮は瓶詰で販売されていますよ。タカシマヤ楽天市場店なら、楽天ポイントが貯まってお勧めです!(送り状は日本橋高島屋店扱いになります)

永楽屋

f:id:otaku-son:20160729221305j:plain

四条河原町にある佃煮と和菓子のお店で、「一と口椎茸」は国産椎茸をじっくり炊いた佃煮。意外と見た目ほどお味は濃くないので、ご飯のお供にお勧めです。自宅用なら810円(税込)、ちょっとした手土産用の曲げ物入りなら1,080円(税込)。向田さん原作の映画「阿修羅のごとく」にも出てきます。

松屋常盤

f:id:otaku-son:20160525034523j:plain
大徳寺の住職が考案した「味噌松風」。京都らしく西京味噌入りのお菓子です。予約しないと買えないので、ここを挙げるとはさすが向田さん!渋いチョイス(笑)。価格は約900円(税込)で、大丸京都店でも購入できます。成形する時にできる切れ端切り落としも、通の間では人気の品です。