京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

「京都人の密かな愉しみ」、ATP賞グランプリ受賞!&「わけありな夏編」他が再放送されます!次は11月に「名月篇」!

f:id:otaku-son:20160724210248j:plain
全日本テレビ番組製作社連盟(以下、ATP*1)が優れた映像作品を選ぶ『第32回ATP賞テレビグランプリ』が8日、発表された。グランプリに情報・バラエティ部門からNHK BSプレミアムで放送された『京都人の密かな愉しみ』(NHKエンタープライズ)が決定した。
『京都人の密かな愉しみ』は京都人の暮らしに分け入る異色のドラマ&ドキュメント番組。ドラマパートでは女優・常盤貴子が老舗の御菓子司の若女将を演じている。
『第32回ATP賞』グランプリに『京都人の密かな愉しみ』 | ORICON STYLE

エンディングの「京都慕情」を歌っている武田カオリさんもツイッターでコメントされています。

ATP賞受賞記念ということでしょうか、7月30日(土)、8月7日(土)、8月13日(土)に再放送されますね。楽しみ!でも夜7時って・・・ご飯の時間やん。オタク息子&父にテレビ占領されてるはず(T_T)


新作は11月放送、「名月篇」!

俵屋吉富さんの「雲龍」。

でも、いちばん嬉しかったのはこちらのニュース。

源高志監督からのメッセージ

「京都人の密かな愉しみ」次は11月放送予定の「名月篇」です。
Lunaticという言葉にあるように、月は古来より人の心を乱す力を持つと信じられてきましたが、「京都人」でも月の力で思わぬ展開が・・・撮影は8月から。どうぞ楽しみに待っていてください。

NHKドキュメンタリー - ザ・プレミアム「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ」

どんな内容になるのかな?月見だんごは絶対出てくるはず。ヒースロー教授が三八子さんに「月がきれいですね」などと言ったりして(〃▽〃)ポッ

ロケ地の「俵屋吉富*2」近くに、オタク母の知人が住んではるのでちょっと寄りがてら、うろちょろしてみようかな(^^)

*1:ATPは、東京、大阪の主要テレビ番組製作会社約120社が加盟する団体で、1982年に発足。テレビ番組の質的向上を図ることによって、放送文化の発展と国民の文化的生活の向上に寄与することを目的として活動している。84年に創設された同賞は、創り手である製作会社のプロデューサーやディレクターが自ら審査委員となって優れた作品を選ぶ、日本で唯一の賞。

*2:当初、「鶴屋吉信」と記載しておりました。すみませんm(__)m