京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

<2017バレンタイン>山椒やふきのとう、ほうじ茶チョコも!京都のお勧めチョコレート3つ。

もう来月はバレンタインデー。まずは来月1日からのジェイアール京都伊勢丹の「サロン・デュ・ショコラ」に行ってみる予定ですが、トークショーなどのイベントがあったり、ショップによっては味見ができるのでかなり楽しみにしています(^-^)

美味しそうなチョコレートをちょっと下調べしてみましたが、今年は京都らしく珍しい和のフレーバーが目立ちます。宜しければご覧下さいね。

 

辻利(祇園)の「ボンボンショコラ」

昨年は早々に売り切れてしまった辻利の「BONBONS DE CHOCOLAT」が再び!お濃茶、ゆず、山椒などのフレーバーが大人気でした。オタク母も買おうと思ったのですが、出遅れてどこも完売だったのが悲しかった(T_T)

今年はタカシマヤオンラインストア、西武・そごうのe.デパート で通販可能です。6個入りは濃い茶、ゆず、プラリネ胡麻、山椒、あんず、さくら苺の6種類が入って1,912円(税込)です。

 

紫野和久傳(北大路堀川)の「こひごろも」

丹後半島生まれの料亭「和久傳」が、市内へ出てきて今や有名料亭になりました。れんこんのでんぷんを使った和菓子「西湖」が有名ですね。

こちらのチョコレートも大人気で、昨年はゆずのチョコレート柚香が早々に売り切れていました。今年はふきのとうや桑の実など珍しいフレーバーのトリュフが新発売、お値段は1,485円(税込)です!

 

宇治園の「火男(ひょっとこ)」

創業は明治2年の「宇治園*1」、伊勢志摩サミットで使われて評判のボトリングティー「ゴッタス デ 日本茶エスペシアル京都」のお店です。

楽天ランキング1位、百貨店で行列ができるチョコレートです。抹茶生チョコレートは「小佳女(おかめ)」、ほうじ茶生チョコレートは「火男(ひょっとこ)」という素敵な名前がついています。

宇治園こだわりの浅火ほうじ茶「火男」の香りをそのままに楽しめる、さっぱりとしたどこにもないユニークな味わいです。芳醇なショコラの味わいの中に、香ばしさの残るほうじ茶の風味を閉じ込めました。

<宇治園>宇治抹茶ショコラ&ほうじ茶生ショコラ2点セット

珍しい、美味しそうなチョコレートばかりで迷ってしまいます(^^;。なぜかこちらがワクワクしてしまうなあ・・・楽しみです!

*1:京都府の山城町で創業後、移転して現在の本社は大阪の心斎橋ですが美味しいです(^^;。