読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

京都の珈琲専門店の先駆け、イノダコーヒ。「コーヒー」ではなく、「コーヒ」です。

f:id:otaku-son:20170129231512j:plain
イノダコーヒは、「コーヒー」ではなく「コーヒ」です。京都は珈琲の専門店が多いのです。何でこんなに多いの~?と不思議なのですが・・・京都は茶道関係の方が多いので、普段まで日本茶(抹茶含む)を飲みたくないのでしょうか。
オタク息子も茶道部の活動やお茶会でお抹茶を飲むことが多いせいか、学校や家ではコーヒーばかり飲んでいます。『京都人の密かな愉しみ』の「木屋町 珈琲夢譚」でも、お店によく茶道の家元が来ると仰っていますね。

番組内で、バリスタ茶人の兄が珈琲にあこがれるきっかけとなったのが、イノダコーヒ。京都好きだった池波正太郎さんも特に好まれた、創業1940年の歴史ある珈琲専門店です。
番組では三条の本店*1が映っていました。あの有名な丸テーブルは、常連さんじゃないと近寄れない雰囲気です。常連さんのお家元のご子息だったから、座れたのだと思います~(^^;
f:id:otaku-son:20170130111241j:plain
オタク母はもっぱら大丸京都店にある支店に連れていってもらっていました。お買い物の帰りにサンドイッチや、名物レモンアイスを食べさせてもらうのが楽しみでした(^-^)。奥まったところにあるせいか、リラックスできるので今でも根強い人気があります。

お土産にもお勧め!かわいいオリジナルグッズ。

f:id:otaku-son:20170129233158j:plain

通販を利用された方にフードクリップのプレゼント中(^-^)

イノダコーヒはオリジナルのグッズもかわいくてお勧め。トートバッグやマグカップ、ふきんがあります。赤のカップが白地に映えてかわいいのですよ。かわいくて、丈夫なのでお勧めです。
f:id:otaku-son:20170129233959j:plainf:id:otaku-son:20170129231642g:plain
ちなみにふきんのお値段は200円で、手軽な京都土産として人気です。これも丈夫です!(^-^)
京都・堺町三条 イノダコーヒ オンラインストア

*1:三条の本店は常連さんが行く場所だという認識で、未だに入ったことがありません。個人的にはエルメスなどのブランドショップや瓢亭などの老舗料亭よりも敷居が高い感じ。堂々と入って行ける方が羨ましい(^^;