京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

<2017ホワイトデー>ほうじ茶ラスクや流行りの焼き菓子など、ちょっと気の利いたお返し用京都スイーツ。

何とか今年もバレンタインデーが過ぎました。別にお返しを待っているわけではありませんが、職場の大先輩はいつもちょっとした気の利いたものを返して下さるのでかなり嬉しいです。ゲンキンかもしれませんが・・・京都人は物の値打ちにはキビシイのです(^^;

個人的に欲しい!と思っている、京都のホワイトデーお菓子をまとめてみました。

 

アッサンブラージュカキモトの焼き菓子。

f:id:otaku-son:20170217214519j:plain

最近流行りのパティスリー。日本のショコラ界では超有名、柿本シェフのお店です。先日の頂きものですがこちらの焼き菓子は1箱800円ぐらいで、とても美味しかった~。

本店は御所の南側にありますが、バレンタインデーの期間中はJR京都伊勢丹に出店されていました。大人気でかなりの人だかりでした(^-^)

f:id:otaku-son:20170217115847j:plain

 

マールブランシュ「茶の菓」。

おなじみ、マールブランシュのホワイトチョコラングドシャ「茶の菓」です。阿闍梨餅と同じく、茶の菓を嫌いな人はいないのでは?(^-^)。万人受けするお菓子ですので、お返しにはお勧め。

「おため」と呼ばれて気軽に使いやすい5枚入り680円(税込)、10枚入り1,360円(税込)もあります。

 

辻利の「京茶ラスク」。

icon icon

創業万延元年(1860年)の辻利一本店。京茶ラスクは抹茶とほうじ茶の2種類があり、お値段も540円(税込)とお手頃価格(^-^)。2月25日からの限定発売ですが、通販でもプレゼント用の袋つきなのが嬉しい。 手軽なお返しに、お勧めです。

気心の知れた間柄の方なら阿闍梨餅で結構と思いつつも・・・ちょっとオシャレなお菓子なんて頂けたら評価アップですよね。カキモトのお菓子なんかもらえたら嬉しいなあ。