京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

はんなり美人で毒舌、料理研究家の大原千鶴さん。高級料理旅館「美山荘」のお嬢さんです(^-^)

f:id:otaku-son:20160307101315j:plain

料理研究家の大原千鶴*1さん。京おんならしいはんなりした口調ですが、実はかなりの毒舌(^^;。実際に間近で何回か拝見したことがありますが、お着物だけでなく洋服もよくお似合いのべっぴんさんでした。

大原さんは左京区花背にある料理旅館「美山荘」のお嬢さん。美山荘はミシュランガイド2016で旅館部門の二つ星を獲得しています。夕・朝食つきの宿泊は2名で111,780円(税込)~という高級っぷり(^-^;

ご本人は京都市内でお料理教室を開いていらっしゃいますが、テレビ出演や取材で忙しく全国を飛び回ってはります。個人的には不定期に放送されるBSプレミアムの『あてなよる』が好きでしたが・・・お酒にあう美味しそうな「あて=つまみ」をちゃちゃっとたくさんつくってくださるので、夜観るのはお腹がすいて辛い番組でした(^^;

あてなよる - NHK

 

大原先生のご本『あてなよる』の、あとがき。

あてなよる 大原千鶴の簡単・絶品おつまみ帖

同名の大原さんのご本『あてなよる』のあとがきは、『京都人の密かな愉しみ』でおなじみの源監督が書かれています。大原千鶴さんは「酒呑みたちの女神」にふさわしいとべた褒め。源監督ってやっぱりべっぴんさんが好きなんやなあ~(^-^)

(本書・あとがきより)
大原千鶴を知ったのは三年前の春、鮨の文化論みたいな番組を作っている時で、なるほどこの人が天才料理人・中東吉次秘蔵の娘か、と思わせる食に対する知識の深さがあり、感じ入ったことを覚えている。会ったのは京都の洛北にある人気の鮨屋。しかし、彼女の酒量が尋常でないことに途中で気づいた私は、次第に打ち合わせどころではなくなった。衝撃的な呑みっぷり。しかも美味そうに呑む。定石通りビールから始まり日本酒をあれこれ試しながら五合、白ワインと赤ワインを一本ずつ空けたのちに、彼女はこう言った。
「日本酒に戻らはりますか? それとも焼酎にしはる?」
(中略)
かほどに酒と食を愛してやまぬ大原が、酒肴に特化した料理番組「あてなよる」をやることは自明の理だった。「あてな」は「アテナ」(ギリシャ神話の女神)とのダブルミーニングであり、酒呑みたちの女神たる大原千鶴にふさわしいタイトルであると自負している。
 ――演出家 源 孝志

あてなよる 大原千鶴の簡単・絶品おつまみ帖より

大原さんのお嬢さんも可愛らしい方ですので、二代目大原千鶴とならはるのかしら?個人的に楽しみです(^-^)

*1:京都は狭いので、知り合いの知り合い or 友達の友達など、間に2人ぐらい挟めばたいてい行き着きます・・・大原先生のことも人づてにちょくちょく聞きます。某M幼稚園でのお茶会にさらっとお着物で来はってお茶もきれいに飲んではったとか。色々ウルサいママ方にもスゴイ!と絶賛されてはったそうです。