京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

婦人画報社からオール口コミの『おいしい!京都ごはんたべ』が発売されます!

京都はこのところ毎日の気温差が激しくて、本格的な夏を前にちょっとぐったりしております・・・。

京都特集の雑誌をここ数年は特によく見かけますが、かなりゴリ押し感がある雑誌*1が多くてちょっとゲンナリ。唯一楽しみにしているのは毎月の婦人画報。雑誌内に数年前から京都だけを特集したコーナー「婦人画報のきょうとあす」があるのですが、地元の人間が読んでもかなり面白い内容です。

インターネット版には先日の『京都人の密かな愉しみ』でのお花見に出ていらした永松仁美さん、元お稚児さんの華道お家元・笹岡隆甫さんなどもブログをお持ちです。ひんぱんに更新されるので季節感あふれるタイムリーな話題が多く、楽しく読んでいます(^-^)

婦人画報の京都 観光ガイド「きょうとあす」

 

京都人脈フル活用!オール口コミの『京都ごはん食べ』。

f:id:otaku-son:20170622025546j:plain

  • いま、京都人が集う「うまいもん」
    京都人の間では、おいしいもんを食べに行くことを“ごはんたべ"と言います。 目も舌も肥えている京男のリアルなごはんたべを、一日だけ、ちょっと覗かせていただきましょう。
  • 絶対にはずさない、「ランチ」
    限られた旅の時間で、おいしい京都を満喫したいと思ったら、ランチ処にも妥協は無し! ここでは特別な日からふだん使いまで、見た目も美しく、 食べると口福になれる、京都人が愛するお昼ごはんのおすすめをご紹介します。
  • 京の味土産
    京都人の旨いもんはそのまま嬉しいお土産になります。 パンの都・京都はサンドイッチもひと味違う花街生まれのプチサイズ。卵サンドやビフカツサンドなど、古都の文化が育んだ一品を手土産に。“甘いもん"から“からいもん"、ふだん使いから季節限定の品まで、和洋の美味に懐がひろい京都人ならではの味土産をご紹介します。
婦人画報 100人の京都人が教える 京都「ごはんたべ」より

いくつかピックアップしてみましたが、特に「目も舌も肥えている京男のリアルなごはんたべ」、かなり気になります!

婦人画報は毎年8月に京都特集号を発売するのですが、完売する年もあるほど読み応えがあって地元民も楽しみにしているのです。この口コミガイドブックもかなり楽しみ(^-^)

 

婦人画報 特別編集 おいしい! 京都「ごはんたべ」 (FG MOOK)

ハースト婦人画報社 (2017-06-30)
売り上げランキング: 614

*1:オシャレ系の若者向け雑誌でよくあるのですが、地元民が知らないようなお店(たぶん東京資本)が紹介されていたり、ニューオープン(取材時はオープン前のはず)なのに美味しくてお勧め!と言われてもな~ってなことがよくあって(^-^;