京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

宮津名物、竹中缶詰のオイルサーディン!高いマイワシと安いカタクチイワシの見分け方。

丹後半島には間人(たいざ)の間人蟹や宮津のへしこ 、舞鶴のとり貝などの美味しい海産物が豊富ですが、食通に評判が高いのが宮津にある竹中缶詰のオイルサーディン。イワシを丁寧に下処理した後、塩水に漬けてオイルで煮込んだものです。

少し前のNHK『あてなよる』では京都いろいろ衣焼き、とのことで常盤貴子さんが好きな食材としてオイルサーディンを挙げてはりました。絶対ここのお品です(^-^) 

よくおすそ分けでこちらのオイルサーディンを頂くのですが、プルトップのふたを開けるとイワシがきれいに並んでいます。丁寧な仕事ぶりが窺えます。

f:id:otaku-son:20170912211229j:plain

キレイに整列!しています(^-^)

アヒージョ、パスタなどオシャレなお料理のレシピも色々試したのですが、最近は玉ねぎのスライスとチーズを載せ、マヨネーズを絞って焼いて食べています。何の工夫もないお料理ですが・・・元々があっさりしているので、濃いめの味付けにすると美味しいです(^-^)

 

間違い探し?竹中缶詰のオイルサーディンの見分け方。

食通の先輩に教えて頂いたのですが、竹中缶詰のオイルサーディンには「高いマイワシ」515円と、「安いカタクチイワシ」455円があるのですって!微々たる差と言ってしまえばそれまでですが・・・(^-^;

分かります?イラストに描かれたイワシの側面に、斑点があるのが高い方(マイワシ)だそうです。上写真では左側がマイワシ。ほとんど間違い探し状態で、並べて見比べないと分からないですね(^-^;

竹中缶詰 オイルサーディン(青缶105g)×10缶 サンフェース印【丹後天の橋立オイルサーディン缶・アンチョビフィレ】●5缶セット(竹中缶詰)日本製国産業務用

ちなみに、上の缶とは違うパッケージの缶もあります。左がマイワシ、右がカタクチイワシ。マイワシの高いほうは、青缶とも言われています。もし竹中缶詰のオイルサーディンを見たら、

「これは青缶だから、マイワシやね。高いほうやね!」

「これはカタクチイワシやね(お安いほうやね・・・)~」

と、いちびって言ってみて下さい(^-^)