京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

<京都本>週末だけ移住する永江朗さんの『ときどき、京都人』。

生まれてからずっと京都に住んでいると、京都ならではのことなのに当たり前過ぎて気づかないことが本当にたくさんあります。それを改めて気づかせてくれたのが永江朗さん。永江さんは『宝島』『別冊宝島』などを手がけられた東京のライターさんで、数年前に京都に町屋を購入。週末だけ移住されています。

築年数不明の京都町家をリノベーションして6年。東京・京都と2つの拠点を持った永江さんは、ひと月のうち1週間から10日間を京都で過ごす「ときどき、京都人」となった。根っからの京都人ではない「よそさん」だからこそ見えてくる、京都人が気づいていない京都の魅力や怖さをつづったエッセイ集です。古都のしきたり、人間関係の妙、密集しながら暮らす都市生活の知恵、案外知られていない居心地いい場所等、京都のふだんの空気が詰まっています。

ときどき、京都人。: 東京⇔京都 二都の生活

少し前ですが、京都関係の興味深いエッセイ本を出版されました。オタク母も本屋でちらっと立ち読みするつもりが・・・読み応えがあり面白いので思わずがっつりと読み込んでしまい、買おうかどうか迷い中(^-^;

 

週末だけ京都にお住いの、永江さん。

f:id:otaku-son:20171205122940j:plain

永江さんは京都に関する連載を朝日新聞に持ってはるのですが、地元民が読んでも面白い読み物。そうそう、よー見たはるなあ~!と膝を叩きたくなります。朝日新聞デジタルでも読めたので楽しく読んでいました・・・

  • 街中にある細い道「路地(ろじ)」を京都人は「ろーじ」「ろうじ」と発音する
  • 京都の人はたまごが好きだ
  • 白味噌のお雑煮に驚いた

永江朗のときどき京都人:朝日新聞デジタル

毎回楽しみにしていたのですが、先ほど見たらこの本が出たせいかコンテンツがごっそり消されていて悲しい(T_T)

永江さんがあるお店にお勧めのお店を聞いて一度断られる→しばらく間をおいてから再度たずねる→「うちに聞いたとは言わんといてな」と言われながら教えてもらう京都らしくややこしいくだりなどは、かなり京都に馴染んできはったような感じで興味深いです。宜しければ読んでみて下さいね。

 

ときどき、京都人。: 東京⇔京都 二都の生活
永江 朗
徳間書店
売り上げランキング: 112,442