京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

<関西初出店・地図あり>ブルーボトルコーヒー京都カフェがオープン!南禅寺エリアの元旅館をリノベ、京都オリジナルグッズも販売!

f:id:otaku-son:20180301043701j:plain

大丸松坂屋百貨店は3月23日、ブルーボトルコーヒーと築100年を超える旅館をリノベートし、「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」をさせる。

大丸松坂屋百貨店は、J.フロントリテイリンググループが掲げる「アーバンドミナント戦略」の一環として、「京都・町家プロジェクト」を推進。今回は、京都の代表的な観光拠点である南禅寺エリアで、ブルーボトルコーヒーと築100年を超える旅館をリノベートした。

大丸松坂屋/ブルーボトルコーヒーとコラボ、京都の旅館をリノベしたカフェ(2018.02.28)|流通ニュース

超混み混みの南禅寺エリアに、カフェがオープンするそうです。大丸の町屋プロジェクトって、エルメスやウブロが営業していた祇園のテナントもそうですよね?

南禅寺エリアの元旅館、とのことですがこの場所は以前「かしく コルドンブルー」というフレンチのお店があったところ。近辺のお店が和食ばかりのせいか、そこそこ流行っていたように思います(予約なしで行ってフラれた経験が何回かあり)。

でも、少し前に通ったらいきなり閉めてはった・・・どうなるんだろう?と思っていました(^^;

 

「ブルーボトルコーヒー」って?オリジナルグッズも販売!

カリフォルニア州で2002年に生まれたブルーボトルコーヒー。創業者、ジェームス・フリーマンが日本の喫茶店からインスピレーションを受けて、コーヒー豆を自宅の裏庭にあるガレージで焙煎し、スタートしたのが始まりです。

現在はサンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京の4都市圏で展開しています。

ブルーボトルコーヒーより

日本では東京の青山、新宿、六本木などにあり、焙煎所も近くにあって新鮮なコーヒーをドリップして飲めるのがウリだそう。京都店は日本最大の店舗面積だそうです。

オープン記念で先行販売されるのはグリーンティミントクッキー。ここでしか買えないサコッシュ(バッグ)、その他グッズも多数あります。

f:id:otaku-son:20180301125655j:plain

マークもちょっとイノダっぽいし、グッズもかわいらしいものばかりなのでコーヒー好きの京都人好みかな。

オリジナルバッグも楽しみですね。ちなみに青山カフェ限定のトートは通販可能です(^-^)

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

青山カフェ オリジナルトートバッグ
価格:5400円(税込、送料別) (2018/3/1時点)

オープンは3月23日。この辺りはカフェ等が本当にない(あっても「杏こ庵」みたいに観光客価格=お高い)ので、流行るのは確実ですね。かなり楽しみです!

<ブルーボトルコーヒー 京都カフェ>
所在地:京都市左京区南禅寺草川町64
店舗面積:452.98m2(カフェエリア64.98m2)
座席数:44席
営業時間:8時~18時