京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

農家の息子さん経営「漬け野菜 isoism(イソイズム)」でヘルシーランチ。自家製農園のお野菜!

f:id:otaku-son:20180711020445j:plain

七条通に面しています(^-^)

実家の母から電話があり、

「この前テレビで見たんやけど、行ってみたいお店があるんやわ~(^-^)」

とのこと。偶然そのテレビをオタク母も見ていて、美味しそうだなあと思っていたので行ってきました。京都駅近くの「漬け野菜 isoism(イソイズム)」というお店です。調べてみましたら、京都では最近有名な「五十家(いそや)コーポレーション」のお店なのですって。

古くからある伝統的な「お漬けもん」の技法にとらわれることなく、私たち流のやり方で京都のお野菜をいろんなもんに漬けこんでみました。味噌漬けだったり、酒粕漬けだったり、オイル漬けだったり・・・あっさり短時間だったり、前の日の晩からだったり、ゆっくり時間をかけたり・・・

漬け野菜isoismイソイズム

農家の息子さんが始めたお店で、自家製農園のお野菜*1を使っているためにお野菜が美味しいのだとか(^-^)

 

京都駅近く、烏丸七条西入ル。

f:id:otaku-son:20180711020750j:plain

分かりやすい看板!

テレビ番組では京都駅近くのグルメということで特集されていました。なるほど、京都駅からは徒歩5分くらい?行列ができるほどの人気店とのことですが、この日は豪雨という予報だったので人もまばらでした。ラッキー!

f:id:otaku-son:20180711021002j:plain

12種類の漬け野菜(^-^)

「おひるごはん」1,800円を頼みました。しばらくすると、インスタ映えしそうな漬け野菜がずらり12種類。それぞれのお野菜はランチョンマット代わりのメニューに書いてあって分かりやすい!スタッフさんも丁寧で感じが良かったです。

f:id:otaku-son:20180711021404j:plain

漬け野菜とメニューを見比べながら食べました(^-^)

漬け野菜はそれぞれ味が違って嬉しい。けっこう食べごたえがあります。これにスープと炊き込みご飯がつきます。

f:id:otaku-son:20180711021600j:plain

スープ。美味しかった!

しゃべりながら食べていたら、炊き込みご飯を撮り忘れたのでお借りした画像を貼っておきます。釜めしの容器に入って熱々、美味しかったです。

f:id:otaku-son:20180711022022j:plain

©関西ウォーカー

1,800円という高すぎず安すぎないくらいのお値段。ありきたりの和食、懐石料理*2よりも今風でずっと美味しく、食べていても楽しかったです。あれだけのお野菜って自分ではなかなか食べられないし・・・今度はママ友を誘って夜にも行ってみたいなあ。

℡:075-353-5016

11:30~15:00(L.O14:30)
17:00~24:00(L.O23:00)

食べログ<漬け野菜 イソイズム>

*1:調べていたら京都産業大学卒業生ですって。有名というか、成功した卒業生のインタビューを載せる大学って最近多いですね。

経営学部 卒業生インタビュー五十家コーポレーション代表 五十棲 新也さん(1998年卒) | 経営学部創設50周年 | 経営学部 | 京都産業大学

ちょうどこの時間に社長さんらしき方がスタッフさんを指導してはりましたが、女性と若手の方はとても頑張ってたよ!私たちが帰る間際に来たベテラン?さんはまだ食べているのに隣の席をガタガタと音をたてて拭いたり、ロッカーを乱暴に使ったりとそちらの方が問題アリ(^^;

*2:似た感じでN利とか有名店の漬物懐石もありますが、それだったらたぶん行ってないと思います・・・あそこは観光客相手の商売ってイメージが強すぎ(^^;