京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

<お勧めテレビ>NHK「ごごナマ・おいしい金曜日」で「祇園祭のディープな楽しみ方」を観る。

f:id:otaku-son:20180714140705j:plain

©NHK

金曜のNHK「ごごナマ」。毎年、祇園祭の季節には生中継*1があります。今年はアナウンサーさんと京都ご出身の西村和彦さんが生中継に。

スタジオには「祇園祭のディープな楽しみ方」として、祇園祭に関する本を数多く手掛ける出版社の編集顧問の山岡祐子さんがいらっしゃいました。今年は特に面白そう?

NHK「ごごナマ・おいしい金曜日」に、白川書院編集顧問の 山岡祐子が出演します! | お知らせ | 『月刊京都』白川書院

山岡さんが顧問を務められ、祇園祭に関する本を数多く手掛ける出版社とは有名な白川書院です。ご朱印帳や京都ガイド本も多数出版されていますが、毎月「月刊京都」という京都の情報本を出版されています。これが本当にマニアックで地元民が読んでも面白く、お勧めです。

 

この日(7/13)は、久世駒形稚児社参。

f:id:otaku-son:20180714142039j:plain

©NHK

八坂神社ではこの日、久世駒形稚児さんたちがみえていました。神事が終わるとお稚児さんは境内の「中村楼」で休憩。その際に稚児餅がふるまわれます。元お稚児さんママに聞いたところ、その際のお作法も面倒くさいややこしいのですって(T_T)

稚児餅は今の時期のみ中村楼でも購入できますが、三條若狭屋「ちご餅」なら一年中購入できます。 

スイーツつながりですが、西川きよしさんお勧めの竹ようかん(竹水ようかん) は鍵善良房の「甘露竹」。創業は享保年間という老舗でくずきりが有名ですね。現社長の今西善也さんは昭和58年のお稚児さんを務められ、ご子息も平成21年のお稚児さん。

f:id:otaku-son:20180714163207j:plain

お店は本店と高台寺店、喫茶のゼンカフェのみで、お取り寄せも可能です。デパート等には出店していません(^^;

御菓子司 鍵善良房

 

ディープな楽しみ方、3つ。

①祇園祭の主役は神輿。

前祭と後祭の山鉾巡行の日に神幸祭と還幸祭があり、神輿が出ます。はんなりした山鉾とは違って勇ましく、一見の価値がありますよ!

②1年に1回しか聞けない祇園囃子。

16日の深夜0時、八坂神社の神輿前で長刀鉾の囃子方が祇園囃子を奉納するそうです。

③還幸祭の最後、神様のお帰りを見送る。

24日の深夜、神輿が八坂神社に入り境内の明かりが消えてご祭神が本殿に遷られる。

 

地元民なので大半のことは知っていると思っていましたが、恥ずかしながら神幸祭や還幸祭、宮本組のことはあまり知らなかったので、白川書院の本を買って現在勉強中です。八坂さん関係の方に聞いたところ、NHKの密着取材が入っていてテレビ放送があるそう。楽しみにしています(^-^)

 

月刊京都2018年7月号[雑誌]

白川書院 (2018-06-09)

*1:ちなみに昨年はアナウンサーと狂言役者の茂山宗彦さんでしたが、茂山さんが「京都のプリンスさんですよ~」と連呼されて恥ずかしそうにしてはりました・・・NHKさん、もしかしてこの記事見はった?(^^;