京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。美味しいものが大好き!

行列必須!「リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー京都店」で、貴重なランチにありつく。

f:id:otaku-son:20181113152729j:plain

©LIBERTE JAPON

10月にオープンして大人気の「リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー京都店*1」へ行ってきました。本店はパリにあり、日本には3月に吉祥寺に初出店したばかりで西日本初の出店なのです!新しもの好きの京都人としては、行ってみたい欲がムクムク。過去にも数回トライしてみたのですが、ランチはいつも売り切れでフラれてばかり。

オタク父と買い物に行った先でここを思いつき、二人で小走りに行ってみたところ・・・店員の方がスマホでランチの在庫をチェック。何とか食べられそうということで、店内に入ります。

f:id:otaku-son:20181113201742j:plain

©WEB Leaf

店内はかなり混雑していたため、どう撮ってもお客さまが入ってしまうために写真をお借りしましたm(__)m

奥行きのある広~いお店。メニューを見ながら並んで待ちます(写真左に写っているのは手に持っていたメニューのバインダー金具(^^;)

f:id:otaku-son:20181113144918j:plain

いちばん最後尾(^^;

f:id:otaku-son:20181113145034j:plain

この日のメニュー。

10分ほどで案内されました。注文しようとすると、肉プレートはラスト1だということで迷わずお肉。オタク父はダイエット中、豆好きということで魚プレートを。

f:id:otaku-son:20181113145543j:plain

パン盛り合わせ。お代わり自由(^-^)

まずはパン。お代わり自由だということですが後に備えて控えめに。横に添えてあるディップはあまり好みではありませんでした。パンそのものが美味しいので、何もつけなくても充分美味しいのです(何のパンか分かってないのはご愛敬(^^;)。

f:id:otaku-son:20181113145914j:plain

サーモンのパピヨット(紙包み焼)。

次に運ばれて来たのは、オタク父の「サーモンのパピヨット」1,500円。とても美味しそうなにおいなのです。ワクワク。

f:id:otaku-son:20181113150100j:plain

開けるとこんな感じ。

ナイフで切って開けると・・・おぉ~っ、美味しそう。ひと口もらいましたがサーモンがパサつかず、説明通りにコクがあって美味しかった!

f:id:otaku-son:20181113150227j:plain

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。

こちらは「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」1,600円。紫キャベツと食用のお花の盛り付けがステキで、手のこんだノーザンルビー(新品種じゃがいも)のソースがフレンチっぽい。とても美味しいのですが、バターか何かパリっぽくこってりした味付けでお腹いっぱいに。

この後は全てのランチが品切れになり、来られた方はカフェの注文をされていました。美味しいパンがお代わり自由であのお値段なら、また行ってみてもいいかも。もしランチに行ってみたい方は、売り切れる前にお早めに!

f:id:otaku-son:20181113151931j:plain

中は、すごい混雑ぶり。

℡:075-366-4361

9:00~19:00(12:00以降はカフェになります)

定休日:なし

食べログ<リベルテ パティスリーブーランジェリー 京都店> 

*1:この周辺は、スーパー八百一ができてからは特に賑やかになりました!また、大人気のリベルテ目当ての行列や駐停車で、テナント先の高級マンション住民から苦情が出ているとの地元情報(^^;