京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。美味しいものが大好き!

天皇陛下は京都へお戻りになる?新元号は?無責任な噂をつらつらと(^^;

 

京都の古い人間がよく言いがちなことの一つに、

「天皇陛下はちょっと東京へ行ってはるだけで、じきに京都の御所に帰ってきはる」

があります。同じく京都の古い人間がよく言う「この前の戦争=第二次世界大戦ではなく応仁の乱」と並ぶ冗談交じりのネタかと思っていたら、本当にそう思ってはる人が意外と多いようで。

あまり詳しくは書けませんが、オタク母がお世話になっている大先輩が東京でのとある行事に招かれ、陛下から

「京都、京都ね。うんうん、こ・・・」

とのお言葉を頂いたというのです。まだ話されたいようでしたが、お付きの方に促されてやむなく?行ってしまわれたとか。陛下は多数の人と話されてずいぶんお疲れのようでしたが、大先輩はそんなお言葉を頂いてとても嬉しかったのですって。 

今から考えれば「こんど伺いますよ」という意味だったのかな?と勝手な憶測で皆が盛り上がりました。でも京都で住まはる、って感じではもうないんだろうなあ、と大先輩はしょぼんとしてはりました。

数日前に陛下と皇后さまが京都に来られ、御所内でお散歩などされていましたが個人的にはもうそれで充分です。今までありがとうございました、お疲れさまでしたと申し上げたいm(__)m

 

4月発表の新元号は?

f:id:otaku-son:20190329123237j:plain

で、巷で話題沸騰の新元号。どんな漢字になるのかな?とドキドキしているのですが、酔っぱらった某有名神社の禰宜さんから流れて来た無責任な噂によると、

「ユダヤ教由来(出典?)の漢字が入った元号」

になるかも?とのこと。そう言えば京都で有名な祇園祭も、ユダヤ教ととても似通ったところが多い祭なのです。祇園祭の山鉾巡行が行われる7月17日はノアの箱舟が地上に下りた日ですし、ギオンという音は古代ユダヤの「シオン」から来ているとも・・・。

祇園祭の謎 | ようこそ保津川下りホームページへ(保津川遊船企業組合)

へ~そうなんやと、すっかり信じこんで家に帰りオタク父に話したところ、ちょっとあきれ顔であまり信じないように言われました。昔からよく言われている考え方で、歴史学会では正式に認められていないのですって。ですので話半分、あまり信じないで下さいm(__)m