京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。美味しいものが大好き!

<閉店した懐かしの中華>北大路橋東詰「白雲」、河原町二条「桂心」、御所西「白鳳」。

f:id:otaku-son:20190622164055j:plain

白雲。懐かしい・・・(T_T)

鳳系の「白雲」が閉店!

子どもの頃、よく食べたのが家の近くにあった「白雲」の中華料理でした。お店まで食べに行くというよりはテイクアウトしてきて、家で食べることが多かったように記憶しています。

こちらのお店は今や伝説になった、京都中華の元祖「鳳舞」から直接に暖簾分けされたお店*1ということで有名でした。詳しくは「京都の中華 (幻冬舎文庫) 」をご覧くださいね。

残念ながら、少し前に閉店されたようです。詳細等は行って確かめようと思っていたのですが・・・うーん、悲しい。

鳳系=鳳舞の流れをくむお店がだんだん減ってゆきます。河原町二条「鳳泉」、堀川北大路上ル「鳳飛」、御所近く「鳳舞楼」だけになってしまいました。鳳系はここ数年、特に人気が出てきているのになあ。

 

ホテルフジタの中華「桂花林」→河原町二条「桂心」。

f:id:otaku-son:20160123040929j:plain

ホテルの場所柄か、こじんまりとした宴席にも使えて便利だったのがホテルフジタの「桂花林」。あっさりとした中華だったので、年配の方にも人気でした。我が家のオタク息子も、ここの名物マダムにいつもかわいがって頂きました。

ホテルフジタがリッツカールトン京都になってしまい、どうなることかと思っていたらすぐ近くに「桂心」と名前を変えてオープン。 

移転直後は気のせいか味が定まらず、どうなることかと思ったのですがその後はやや庶民的寄り?だけれどいつものお味に。だんだんと以前からのお客様も戻ってきはったようで、店内はいつも満席でした。

年に数回通っていたのですが、これも2年ほど前に閉店してしまいました。すぐ近くに人気店「鳳泉」ができたことも痛かったのかしら?残念です。

 

欧陽菲菲が歌っていた!御所西の「白鳳」

f:id:otaku-son:20190622170551j:plain


こちらは50年ほど前とかなり古い話です。少し前に実家の母と「『鳳舞』から分かれた、いわゆる鳳系」 の話になりました。母曰く、

「そう言えば、平女(注:平安女学院)の近くにあった「白鳳」っていうお店は美味しかったよ。1階が駐車場で、上がお店になっていて。たまに欧陽菲菲が来て歌ってはったわ。」

だそうで。よくお祖父ちゃんに連れていってもらっていたそうです。名前は似ていますが鳳系のような街中華ではなく、ちょっとホテル中華のような高級路線だったのですって。

今はそのままビルを使ってはるよ、ということだったので興味があって調べてみたところ、面白いことが分かりました。烏丸通に面した「おかきの播磨屋」のあの大きなビルがそうでした。無料の喫茶が併設されているおかき屋さんです(厳密には、購入者だけの喫茶です)。

【全国直売店】日本一おかき処 播磨屋本店

昔は大丸京都店のデパ地下(現在は閉店)、リーガロイヤル京都(今はレストラン名が変更)にあった「白鳳」 とは何か関係があるのかな?

 

グルメな大先輩方とよく「美味しい中華が食べたいね!」という話になるのですが、そう言ってもどこのお店が美味しい?→王将のようなこってり庶民派や豪華なホテル中華は要らない→結局は京都らしいあっさり系の町中華!といういつもの結論になります。

最近、京都の中華はブームになってきているようで・・・行列もたびたび見かけます。でも、長年親しまれたお店が閉店するのはやっぱり悲しいなあ。

*1:個人的には、兄弟さんがされている「鳳飛」のほうが評判が良かったような記憶がありますが・・・。