京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。美味しいものが大好き!

<2019水無月②>食べ損ねた大人気の「紫野源水」。販売開始わずか10分で売り切れ!

f:id:otaku-son:20190708225407j:plain

京都タカシマヤにて。

先月はいろいろと忙しかったのですが、その合間にも食べること大好きな大先輩たちとLINEで水無月情報を交換しておりました。

ちょっとお高い水無月も気になるね~と言われたので、京都タカシマヤのウェブサイトから拝借して拡散。見にくくてゴメンナサイ。千本玉寿軒、塩芳軒、紫野源水、甘楽花子があります!

f:id:otaku-son:20190708224532j:plain

©京都タカシマヤ

これらの水無月は1個で400円とか500円近くのお値段!もうこれはただの水無月ではなく、プレミアム水無月(^^;・・・でも紫野源水は食べてみたいなあ、と思っていました。今は無き源水の弟さんにあたる方のお店です。 

タカシマヤは10時開店、11時までに行けばあるだろうと思い行ってみました。これが甘かった・・・。

 

即完売!の「紫野源水」水無月。

f:id:otaku-son:20190708230049j:plain

ふるふる!葛の水無月。

タカシマヤに着いたのは11時前、地下へまっすぐ行ってみました。売り場のお姉さんに「すみません、紫野源水の水無月をください!」と言いながらショーウィンドウ内を見ると・・・売り切れの文字が。お姉さんも申し訳なさそうに、

「すみません、もう売り切れてしまいました。」とのこと。

しかたなく他店の水無月を買いました。実家の母がとあるところでちらっと聞いてきた噂では、開店前に並んで開店と同時にすごい勢いで店頭めがけて走り、数セットも買い占めはった方がいたそうです。←かなり悪意のある描写でゴメンナサイ。でも、どんな事情があったにせよそのやり方はありえへんわ(^^;

あまりにショボンとしていたら、お店の方が見本の写真だけ撮らせて下さいました。入荷した時は葛も透明で本当に美しかったのだとか。

次からは個数制限してください、お願いします>京都タカシマヤさま