京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。美味しいものが大好き!

NHK京都で9/6(金)、関西圏では9/13(金)、BSプレミアムでは10/20(日)に「京都スペシャル 宮本組 旦那たちの祇園祭」が放送!感想も追記しました(^-^)

とりあえずは京都地域だけでの放送。再放送は関西圏(京都を除く)は13日、BSプレミアムでは10/20(日)に放送されます。

f:id:otaku-son:20190906133313j:plain

今年1150年の節目を迎えた祇園祭。疫病や天災から国を守るため八坂神社の神を御輿にお乗せし市中へ送るというのが本義とされる。実はその神事を担うのは祇園で商売をする老舗旦那衆たち「宮本組」。番組は初めて宮本組が代々継いできた神事に密着することが許された。さらに、旦那衆と共に「なぜ商人が神事を担うようになったのか」その謎にも迫る。そこには世の中の価値が変化する中立ち返るべき“先人たちの哲学”があった。

NHK 番組表 | 京都スペシャル 宮本組 旦那たちの祇園祭

祇園って「一見さんお断り」的な閉鎖的なイメージ。好きな人は毎日でも行かはるでしょうけど(^^;、多くの地元民でも何となくしか知らへんし、特に女性はあまり詳しくないような?

その中でも「宮本組」には、何やら秘密めいた感じもあって個人的に近寄りがたいイメージを持っていました。10年ほど前、最初に聞いたときは何の団体か分からなくて、「怖い系の人たち or 秘密結社」か何かと思っていたぐらいです(勉強不足で本当にゴメンナサイm(__)m)。

はじめは京都だけで、好評なら全国放送*1になるとのこと。NHKの京都特集は先月のことがあるのでちょっと慎重になってはるのかしら・・・と、勝手に想像。

 

宮本組とは?

f:id:otaku-son:20190903000012j:plain

©毎日新聞

宮本組とは、八坂神社の氏子組織の筆頭である方々。八坂神社のお膝元、つまり宮本(みやもと)で神社に奉仕する人たちのことで、平安時代から続いているのですって。祇園祭の神輿洗や還幸祭など、数々の神事を受け持たれています。

上のお写真は神輿洗の時のお写真。手前左側は親子でお稚児さんを務められた、某老舗和菓子店のご主人かな?

宮本組日誌:祇園祭 神輿洗 濁る鴨川、災厄退散願う 堤掃き清め、お水くみ /京都 - 毎日新聞

毎日新聞「宮本組日誌」へのリンクを貼らせてもらいました。いくつかありますがどれも途中から有料記事なのが残念。でもちょっとは分かりますし、何より興味深いので宜しければ読んでみて下さい(^-^)  

タイミングよく、本も出るようです。

祇園の祇園祭: 神々の先導者 宮本組の一か月
澤木 政輝
平凡社
売り上げランキング: 54,376

 

宮本組のメンバーは?

宮本組には、「祇園で商売をする老舗旦那衆たち」ということで黒七味で有名な「原了郭」、お抹茶で有名な「祇園辻利」、くずきりで有名な「鍵善良房」、手ぬぐいの「永楽屋」のご主人などがいらっしゃいます。どこも老舗有名店です!

でも京都市左京区ご出身で国民民主党の衆議院議員、前原誠司さんも20年間ご奉仕してはるとのこと。どういった基準なのかよく分かりません・・・男前ならいいのかな?とりあえず放送を楽しみに待とうと思います。

 

*1:これから観る方へのネタバレになると面白くないので、ちょこっとだけ感想を追記。

・かづら清のイメージはアップしたのでは?若社長さんは東京で広告代理店に勤めてはるときにお父様が急に亡くなり、京都へ帰ってきはったとか・・・。谷崎潤一郎も愛した河原町二条「香雪軒」、寺町二条「賛交社」で協賛金を集めてはりましたが、お父様の思い出をたどりながらもだんだん京都になじんできはる様子、若社長の成長ぶりが良かったですね。

・今の組長さんは「黒七味」で有名な原了郭の社長さんなのですが、ピリッと厳しい感じが良かった。神さまのことを扱って組をまとめる方はああでなくっちゃ。

テレビ放映のお知らせ | 祇園 原了郭Blog

かづら清さんにも、父親代わりに厳しく手短に教えてはりました。ああいった先輩方がいる団体は良いですね。

・先日から噂になった某料亭の若主人、ちらっと映ってはりましたがゴヤールのポシェットを羽織袴に下げてはりました。相変わらずチャラい(^^;