京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。美味しいものが大好き!

京都ロケの映画『嘘八百 京町ロワイヤル』が来春1月31日公開!

涼しくなったと思ったら台風でその後、猛烈な暑さがぶり返してまたぐったりです。ようやくマシになったけれどでもまだ暑い・・昨年は確かこの時期、もう薄手ニットを着ていたと思います!

さて・・・来年1月31日に京都を舞台とした映画『嘘八百 京町ロワイヤル』が公開されます。中井貴一さん、広末涼子さん、そして京都ご出身の佐々木蔵之介さんが出演されています。

中井演じる空振りばかりの古物商・則夫と、佐々木扮する落ちぶれた陶芸家・佐輔が巻き起こした騒動を描いた「嘘八百」。今作では、武将茶人“古田織部”の幻の茶器をきっかけに起こる、有名古美術店や大御所鑑定家、陶芸王子、テレビ番組をも巻き込んだ大騒動の模様が映し出される。前作に引き続き武正晴が監督を務め、足立紳と今井雅子が脚本を手がけた。 映像は、則夫のもとに広末涼子演じる志野が相談に現れるシーンからスタート。父の形見である織部の茶器をだまし取られたという志野に則夫と佐輔はほだされてしまい、かつての仲間たちとともに、ある作戦を決行するために奔走する。

中井貴一と佐々木蔵之介が織部の茶器巡り奔走、「嘘八百 京町ロワイヤル」特報 - 映画ナタリー

昨年の「嘘八百*1」は大阪の堺が舞台。面白そうやなあ~と思ってはいたのですがすっかり忘れていました。かなり評判が良かったらしいので、DVDでも見て予習しなければ。

今回は京都ということで・・・予告をちらっと見ただけでも、何やら見たことのあるようなお店や通りがたくさん映っています。ほんとに一瞬だけちらっとなのですが、良かったら見てみて下さい(^-^)

 

京都ご出身、佐々木蔵之介さんが出演!

f:id:otaku-son:20190929020838j:plain

最近は年のせいか、オタク父と時代劇映画を観に行く機会が増えました。なぜか佐々木蔵之介さんが出はる映画が多くて『超高速!参勤交代』『超高速!参勤交代リターンズ』はどちらも観ました。そう言えば野村萬斎さん主演の『花戦さ』にもちらっと出てはりました。どんだけ売れっ子なん・・・。

ちなみに先週は星野源さんの『引っ越し大名!』を観に行ったけれど、蔵之介さんは出てなかったのが残念(T_T) 

 「嘘八百」は現代劇だけれど、撮影は京都だし蔵之介さんは出はるし!今からカレンダーに書いておこうと思います。

*1:そう言えば、広末涼子さんの「嘘八百」と書かれたサインがよく行く冷麺のサカイにあって、いったい何やろうと思っていたのです。前作のロケも京都でしはったんやろか?ちなみにレジ横の壁際、いちばん右側です。