京都てっぱん日記

京都大好き、美味しいもの大好き!地元応援を言い訳に食べ歩きを強化中(^-^)

<オタク旅行①>鳥取県・由良「青山剛昌ふるさと館」へ行く。

f:id:otaku-son:20150405150633j:plain

駅名までが「コナン駅」!

昨年の夏は出雲大社・鳥取砂丘と「青山剛昌ふるさと館」に行ってきました。オタクスポットで息子をおびき出し、ついでに見聞を広めて賢くなってもらおうというセコい魂胆です(^^;

青山剛昌さんは「名探偵コナン」「まじっく快斗」の作者です。オタク息子は名探偵コナンが大好きで、コミックは全巻揃えていますし、毎週土曜の夕食時は楽しいコナンタイムです。「青山剛昌ふるさと館」は鳥取県でも少し行きにくいところにあるのですが、今回行くということでオタク息子は大喜び!

 

由良駅~ふるさと館までコナン!コナン!コナン!

最寄の由良駅からふるさと館までは、コナンがいっぱい!テンションが上がります。

  • 駅の階段には1段ずつコナン
  • 待合所の座席にも1つずつ丁寧にコナンのイラスト
  • 駅からふるさと館がある北栄町までの「コナン通り」には様々なキャラクターのブロンズ像が合わせて12体! 
  • コナンが描かれた御影石のモニュメントが30基!
  • マンホールのカバーまでがコナン!

TDLの「隠れミッキー」ではないですが、たぶん母が気づいていない「隠れコナン」がたくさんあるかも。北栄町の観光協会からは「コナン通り公式ガイドブック」まで出ています。

駅の近くで雨宿りのために近くの本屋に寄ったのですが、そこにも直筆サインが置いてありました。本屋では、コナンの本ばかり集めたコーナーの前で外国人のカップルが 「見て!こんなにたくさんの種類のコナンの本があるわ!ファンタスティック!」 と興奮気味に話していました。息子と顔を見合わせて、何だか嬉しくなりました。

 

「青山剛昌ふるさと館」の楽しみ方。

https://instagram.com/p/3jM7oPOIYF/

ブロンズ像の前でピース!

まずはブロンズ像と記念撮影を済ませます。ふるさと館の前にはファンにはおなじみ、阿笠博士のビートルがありました。これは2代目ですが、初代ビートルは作者の青山剛昌先生のお父様のものだったそうです。

f:id:otaku-son:20150406111823j:plain

©Wikipedia

色々と回りましたが、息子が一番興味しんしんだったのがコレ。コナンのスケボー体験です。母も乗ってみたいと思いましたが、実際にはちびっ子たちに大人気で近寄れませんでした・・・。

f:id:otaku-son:20150406112705j:plain

©ちゅうぶぶろぐ

ふるさと館内ではクイズラリーがあり、指令に従って問題を解くと、一番最初はマイスター認定証(初級)をもらえます。初級→中級→上級→プレミアムと順番にチャレンジできるようです。1来場ごとに1回チャレンジできるのですが、紛失すると初級からやり直しなので、息子は初級の認定証を財布に入れて大事に持ち歩いています。 https://instagram.com/p/1FcNGzOIb-/

写真は入場券の切れ端折れ曲がった認定証怪盗キッドのリフレクター(反射板)。毎日持ち歩いているのでどれもくたびれてしまい、リフレクターはチェーンが切れてしまいました。 出雲大社と鳥取砂丘にも行きましたが、息子は断然こちらのほうが楽しかったみたい。あまり期待せず、記憶の片隅にでも残っていれば良しとしましょう・・・。 さて、次はどこへ行こうかな?