京都てっぱん日記

京都生まれ京都育ち、美味しいもの大好き!地元応援を言い訳に食べ歩き&テイクアウト強化中(^-^)

京都の書店員が選んだ「京都ガイド本大賞2015」、決定!

少し前ですが、京都新聞に面白い記事が載っていました。

f:id:otaku-son:20151019202819j:plain
京都本大賞実行委員会は1日、書店員が読んでほしい京都案内本を選ぶ「京都ガイド本大賞2015」に「京都、街歩きガイド。」(マガジンハウス刊)を選んだと発表した。コアな京都ファン向けのリピーター賞には、京都市在住の作家で歯科医の柏井壽さん(63)の「京都の路地裏」(幻冬舎刊)が選ばれた。
大賞の「京都、街歩きガイド。」は、雑誌「&Premium」での京都特集18回分を特別編集でまとめた。地図が分かりやすいイラストで描かれ、たくさんの写真を盛り込んだ。コラムも交えて地域ごとに店舗を詳細に紹介している。
柏井さんの「京都の路地裏」は、京都ならではの細い路地を巡る。普通ではあまり取り上げられない寺社や飲食店を訪ね歩き、地元色を強く打ち出した。
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20151002000063

京都にいながら京都マニアのオタク母。新聞や本を読んでいても「京都」という文字につい目が行ってしまいます*1

それはさておき、京都のガイドブックは本当にたくさんありますが、好みのものを見つけるのは難しいです。今回の大賞は京都の書店員さんが選んだということなので間違いなさそうですね。

2016年、第三回の京都ガイド本大賞も決定しました!


「京都、街歩きガイド。」と「京都の路地裏」。

f:id:otaku-son:20201223090337j:plain
©マガジンハウス

「京都、街歩きガイド。」は「&Premium」連載時から毎月チェックしていますが、地域ごとにかなり詳しく書かれていて地元民でも面白い内容です。情報量がかなり多く、読みごたえがあります。

「京都の路地裏」は少しマニアックで本当にリピーター向き。柏井さんの文章は軽く読める感じではないので、ガイドブックというよりも「京都本」ですね。来月に出る「しあわせ倶楽部」の新刊も楽しみです。


どちらも読んでみましたが、面白い本です。機会があればぜひ読んでみて下さいね(^-^)

*1:かなりの割合で「東京都」なのが悔しい~