京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。こんな時だからこそ、明るく楽しく!

宮津名物、竹中缶詰のオイルサーディンは何種類あるの?それぞれの違いを聞いてみました(^-^)

丹後半島には間人(たいざ)の間人蟹や宮津のへしこ 、舞鶴のとり貝などの美味しい海産物が豊富ですが、食通に評判が高いのが宮津にある竹中缶詰のオイルサーディン。イワシを丁寧に下処理した後、塩水に漬けてオイルで煮込んだものです。

よくおすそ分けでこちらのオイルサーディンを頂くのですが、プルトップのふたを開けるとイワシがきれいに並んでいます。丁寧な仕事ぶりが窺えます。

f:id:otaku-son:20170912211229j:plain

キレイに整列!しています(^-^)

この竹中缶詰のオイルサーディンには、いろいろなパッケージがあります。よく分からなかったので、お店の方に違いを聞いてみました。

 

その1:間違い探し?マイワシとカタクチイワシ。

左がマイワシ、右がカタクチイワシ。

こちらは巷でいちばんよく見かける紙パッケージの缶です。食通の先輩に教えて頂いたのですが、このタイプには「高いマイワシ」:515円(税込)と、「安いカタクチイワシ」:455円(税込)があるのですって!イラストに描かれたイワシの側面に、斑点があるのが高い方(マイワシ)*1だそうです。

なんだか間違い探しクイズのようで、並べて見比べないと分からないですね・・・好みによりますが、マイワシの方がやはり風味や食感が良いそうです。

 

その2:天橋立が描かれたパッケージ、通称「青缶」。

天橋立の絵が描かれたパッケージ=いわゆる「青缶」は、京都府北部限定及びお取り寄せ商品だそうです。お値段は515円(税込)。気のせいかもしれませんが、昔からの根強いファンはお馴染みのこのパッケージを好まれる気がします。

その3:紺色のパッケージは業務用!

地元あるあるでしょうか、「サンフェース印」と言われて個人的に昔はよく見かけた印象の缶。飲食店などに卸す業務用だそうです。

ぶっちゃけ、こちらのオイルサーディンはどれを食べても美味しいです。もしどこかで竹中缶詰のオイルサーディンを見たら、

「これは青缶やね・・あまり売ってへんねん!(通やね!)」

「これはカタクチイワシやね・・・(お安いほうやね(^^;)」

と、いちびって言ってみて下さい(^-^)

*1:追記:お店の方によると、紙パッケージのシリーズにはエキストラバージンオリーブオイルで漬けられた高級品もあるそうです。限られたお店にしか置いてないのですって!

f:id:otaku-son:20200414114215j:plain