京都てっぱん日記

京都大好き、美味しいもの大好き!地元応援を言い訳に食べ歩きを強化中(^-^)

<待望の新作!>『京都人の密かな愉しみ Blue 修業中』の次作は「祝う春」です(^-^)

f:id:otaku-son:20180312194300j:plain

4月14日(土)午後9時~10時59分 BSプレミアム

庭師の幸太郎(林遣都)、陶芸家の釉子(相楽樹)、料理人の甚(矢本悠馬)、パン屋の葉菜(趣里)、農家の鋭二(毎熊克哉)。今日も一人前の職人になることを目指して厳しい師匠のもとで悪戦苦闘中だ。

京都の冬は難儀な寒さだが、節分になると、待ちわびた春の兆しが感じられるようになる。京都人にとっては究極の厄除け「四方参り」も大事な節分の行事だ。番組では、節分からひな祭りへ、梅の花がほころび、春を祝う京都の町で繰り広げられる5人の若者の群像劇を、ドラマとドキュメンタリーを行ったり来たりしながら、細やかに美しく描いていく。

京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ Blue 修業中 - NHK

『京都人の密かな愉しみ Blue 修業中』の次作が決定しました!「祝う春」だそうです。そして2019年の新作は「祇園さんが来はる夏」!

1stでの節分は豆まき、イワシが出てきましたね。今回の節分は四方参り(よもまいり)ですって!四方参りとは、吉田神社、壬生寺、北野天満宮、八坂神社 or 伏見稲荷大社にお参りすることです。 

節分前の数日間、京都では市バスの臨時バスが出たりと賑やかになります。あとはできれば、出演者の京都弁(特に関西出身者以外)のクオリティーをもうちょい上げてもらいたいm(__)m

 

追記:見た感想を・・・。

「祝う春」で調べると、この記事のほうがグーグルでは上に来るようで。詳しい感想へのリンクを貼っておきます。宜しければご覧くださいませm(__)m

波岡一喜さんと矢本悠馬さんとの会話は安心ですが・・・ご年配の方々の京都弁は聞いていられませんなあ。小うるさくてゴメンナサイ(^^;