京都てっぱん日記

京都大好き、美味しいもの大好き!地元応援を言い訳に食べ歩きを強化中(^-^)

通好みのお香、松栄堂の「二条」を聞く。

 

数日前に鶏肉入りのおでんを大量に仕込み、クリスマスイヴにも美味しく食べていました。しかし外から帰ってきたオタク息子が、

「お母さん、家がなんかクサイねんけど」

と言い出してちょっとショック。久々に松栄堂のお香を聞いてみる*1ことにします。そう言えばこのところバタバタしていて、心の余裕が無かったなあ・・・ちょっと反省(^^;

 

お稚児さんのお店、松栄堂 。

f:id:otaku-son:20151205092121j:plain

松栄堂はお香専門店。創業は宝永2年(1705年)という老舗で、当代の社長さんは祇園祭のお稚児さん経験者です。本店は烏丸二条にありますが、京都駅の支店「薫々(くんくん)」は気軽に入れて、使いやすいのでお勧めです!

今日は秘かに人気の「二条」 を聞いてみることにします。じっくり落ち着いてお香を楽しむために、部屋を一応手早く片付けて準備。二条の横に置いてみたのは同じ松栄堂「Xian Do」シリーズの煎茶、これまた珍しい香り(^-^)

f:id:otaku-son:20181225142919j:plain

人気「二条」と、お煎茶のお香。

f:id:otaku-son:20181225143008j:plain

お香立てがついています!

簡易のお香立てがついているので、お香に火をつけて固定。ちなみに下に敷いた可愛らしい敷物は泉由美さん (亡くなられた衣笠祥雄さんの義母、和雑貨作家さん)のもの。

f:id:otaku-son:20181227080127j:plain

ちょっとお正月気分?

一番人気の「堀川」は旅館やお寺などでも使われるお香なのですが、白檀等がちょっと甘めと感じる方も多いようです。「二条」は甘すぎず、ほどほどのバランス*2で通っぽくて好み(^-^)

これでおでんの匂いも無くなり、気分転換にもなってちょっとホッとしました。師走の慌ただしい日々ですが、たまにはこんな日もいいかな。 

白川と二条に他3種類が入った、お手頃なお試しセット(1400円)もあります。お香立てもついてお得(^-^)

*1:お香をじっくり鑑賞するときは嗅ぐ、と言わずに正式には「聞く」と言います。日常的にそうそうじっくり鑑賞はできませんけれど・・・(^_^;)

一片の香木のかすかな香りを心ゆくまで鑑賞する。この繊細な所作を「聞香(もんこう)」・・・香を聞く、という美しい言葉で表現します。

香老舗 松栄堂

*2:ちなみに歌手の木村カエラさんも「『二条』が今までの人生でいちばん好きな香り」なので、他人に強制的にプレゼントするとか。

木村カエラがまわりの人に強制的にプレゼントしているもの - ライブドアニュース