京都てっぱん日記

京都生まれ京都育ち、美味しいもの大好き!地元応援を言い訳に食べ歩き&テイクアウト強化中(^-^)

京都あるある満載、「アフリカ人学長、京都修行中」が面白い!

どんな場所でも「住めば都」というけれど、京都だけは例外かもしれない。表の優雅な顔とは裏腹に、一歩足を踏み入れれば、よそ者には冷たく二枚舌。

日本の大学で初めてアフリカ人学長となった著者のサコ氏は、そんな「いけず」の街とも知らず、30年前に京都にやってきた。本書は氏の京都暮らし奮闘記であると同時に、専門分野の「空間人類学」を通し、京都人の本当の姿を伝えるノンフィクションである。

氏の故郷、マリ共和国は一夫多妻制で、ひとつ屋根の下、100人で暮らす大家族も珍しくはない。いつも賑やかで居候が何人いようと、半年、居座ろうと気にしないおおらかな国だ。

一方、京都人は「よそ者」を警戒し、本音はひた隠す。「ぶぶ漬け(お茶漬け)いかがどすか?」に代表されるように、日本人ですら京都人の物言いは不可解なのだから、氏が混乱するのも無理はない。

今も京都で暮らしているのに、こんなに赤裸々にぶっちゃけて大丈夫?と心配になるほど、表裏の激しい京都人VSファンキーな留学生の抱腹絶倒のエピソードが盛りだくさんだ。 

【書評】『アフリカ人学長、京都修行中』 「いけずな街」正体に迫る - 産経ニュース

京都市左京区に「京都精華大学」という大学があります。ここの学長さんはアフリカ・マリ出身のウスビ・サコさん。2018年の就任当時は、日本の大学初のアフリカ系学長として話題になりました。京都大学大学院で学ばれ、奥さまは日本人。テレビにも出られることもあるので、ご存じの方も多いと思います。

今回のこの本、京都好きにはかなり面白い本です。大ざっぱに言えば井上章一さんの「京都ぎらい」っぽいかな。2016年の新書大賞を受賞されたベストセラー本です。

井上さんは何だかんだ言っても京都の人なので、いろいろ客観的に見られていないところがありましたが(わざとかな?)、サコさんはさすが!京都の変なところをたくさん挙げてくれてはります・・・もう笑えるような小ネタまで満載。

さらっと見出しを書いていきますと、

  • 褒め言葉を駆使したクレーム
  • だれかわからない「山本さん」
  • 京都みやげの7パターン
  • 大学よりも小学校が大切
  • 京女と知識人
  • 京都精華大学にはなぜ老舗の子が多いのか*1
  • 豆腐屋のキムチ

などなどです。「褒め言葉を駆使したクレーム」はケンミンショーでも有名な「楽しそうやねえ、賑やかやねえ」=うるさい、っていう意味のアレですね。京都のええとこのお嬢さんには未婚者が多い、って実は秘かな「あるある」。そして海外の人って、そんなことしてはったんやと驚いたのは「豆腐屋のキムチ」。これはかなり引きました。

 

「京都あるある」がたくさん!京都好きなら絶対に面白い♪

f:id:otaku-son:20210429232630j:plain

くすっと笑えます♪

GWまで置いておこうと思い・・・昨日にやっと読んだのですが面白い本です。話題になった「百味会」の放送のこともちらっとだけ書いてありました。この放送だけは未だに再放送されてないんですよね。幻の放送回?

ありのままの京都を書いてみたら結果的にぶっちゃけてしまった、という感じの本。あまり書くと面白くないので、このくらいにしておきます(ってだいぶ書きましたが(^_^;)。興味のある方はご覧下さいませ。

*1:裏千家の長男さんが京都精華大学にいはった話は驚きました。以前は「京のプリンス」としてKBSで番組があったのですよ。ちなみにお家を継がはったのは次男さんでしたが・・・。