京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

<再訪>料亭「和久傳」の味が気軽に味わえる「はしたて」で、季節のお丼を食す。

f:id:otaku-son:20170309021333j:plain

先日、京都駅ビルSUVACOにある「はしたて」で鯖寿司をいただきました。この時期の鯖は脂の乗り具合もちょうど良く、とても美味しかったです。

あの鯖寿司は美味しかったなあ~、としみじみつぶやいていましたら実家の母が食べてみたくなったらしく、1週間しか経っていないのにまた「はしたて」に付き合わされました・・・でも、美味しいものになら喜んで付き合います(^-^)

 

今月のお丼は・・・?

f:id:otaku-son:20170316011837j:plain

これを見ると、食べたくなります。

平日の1時ごろに行ってみましたら、やはり少し混んで8人ほどの行列。また並びましたが15分ほどでお店に入れました。

今回頼んだのは、前回に母がいただいた季節のお丼セット。3月は「鯛竜田揚げ&とろろ丼」で、竜田揚げにはわさびが載って味のアクセントになっています。

f:id:otaku-son:20170316011744j:plain

鯛の竜田揚げ&とろろ丼。

キャベツとハマグリのにゅう麺。家でも作れそうですが(^^;、でも美味しかったです。ここのお料理ってちょっとお高いのですが、いいお味。

f:id:otaku-son:20170316011709j:plain

小鉢にはタケノコとワカメの柚子味噌和え。ちょうどこの日、「タケノコは顔のシミにいい」と聞いたので喜んで食べました。単純です(^-^)

実家の母はもちろん鯖寿司。美味しい~と喜んでいました。親子でハマってしまったので、しばらく通い続ける雰囲気大です。来月が楽しみ!