京都てっぱん日記

京都生まれ京都育ち、美味しいもの大好き!地元応援を言い訳に食べ歩き&テイクアウト強化中(^-^)

京都は大雪!家にこもって「今、ふたたびの京都ー東山魁夷を訪ね、川端康成に触れる旅」を読む。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ichizawa Shinzaburo Hanpu(@ichizawa_shinzaburo_hanpu)がシェアした投稿

お墓参りに出かけようと思っていて起きて外を見たらまさかの大雪!昨晩降っているのは分かっていたけれどまさかここまで積もるとは・・・そしてまだ降り続けていました。お借りした写真は一澤信三郎帆布のインスタグラム、知恩院です。横スワイプで八坂神社、円山公園も見られます。

我が家のお墓はこの近くにあって石畳が多いところ。いや、今日行ったらこちらの命が危ない。外出は諦め、オタク父が買ってきてくれた京都本を読むことにしました。

 

東山魁夷×川端康成の京都ガイドブック!

f:id:otaku-son:20220121204354j:plain

大事に読んでいます!

京都は今描いといていただかないとなくなります。京都のあるうちに描いておいて下さい

東山魁夷の絵と川端康成の小説で綴る美しい京都絵巻。東山はどこを描き川端はどこを書いたのか。作品を楽しみながら情緒豊かな京都を巡る新しいガイドブック。

今、ふたたびの京都―東山魁夷を訪ね、川端康成に触れる旅

昭和を代表する画家、東山魁夷が川端康成に頼まれて描いたのが昭和43年に発表した連作「京洛四季(けいらくしき)」。京都ファンの方なら、どこかでご覧になった方も多いと思います。

その一部が、川端康成の作品「古都*1」「虹いくたび」などと共に載っているのがこの本。雪が降ったらいちばんに思い出すのが「年暮る」、1968年の作品です。京洛四季のカレンダーやポスターと言えば、絶対にこれ。

f:id:otaku-son:20220121205050j:plain

「年暮る」、よくある京都の風景なのですが・・・美しい!

川端康成の文化勲章受章のお祝いに贈られたという「冬の花(北山杉)」も美しいです。これも何かしらよく見る絵ですね。ちなみに「古都」ではヒロイン千恵子が苗子と出会う場所でもあります。

f:id:otaku-son:20220122201501j:plain

「冬の花」=北山杉!

後半は「川端康成の作品に出てくる名店・名料理」として森嘉、吉兆、大市などの有名店がいくつも出てきます。食いしん坊としては嬉しい!

f:id:otaku-son:20220121221639j:plain

地図も載っています。

流行のお店が載ったガイドブックもいいけれど・・・梅棹忠夫さんや池波正太郎さんの京都本を読んで、昔を懐かしむのも楽しいと思う今日この頃。最近の京都はずいぶんと変わってしまいましたけれど。

宜しければ読んでみて下さいませ。

*1:昨年だったかな、映画「古都」を文化博物館で観ました。岩下志麻さんがこんなに可愛かったことを初めて知りました、極妻のイメージが強過ぎるもので(^_^;

f:id:otaku-son:20220122190041j:plain

岩下志麻さん、かわいい♪

森嘉のお豆腐で湯豆腐をつくる有名なシーンも確かあったような・・・。

数寄屋造のお店に小堀遠州のお庭が美しい!「天ぷら吉川」の美味しいお手頃ランチ。

お写真お借りしています→一休.comレストラン<天ぷら吉川>

 

少し前、昨年のお墓参りの帰りに「天ぷら吉川」へ行ってきました。今は京都では「天ぷら圓堂」の勢いがあるなあ、とも思いますが・・・

大昔はここ、富小路御池「天ぷら吉川」か西陣の「天㐂」が有名だったような(オタク母の周りでは)。でも、「天ぷら吉川」は今も相変わらずいいよ!という評判を聞いて行ってみました。

 

お庭が美しい!数寄屋造のお店「天ぷら吉川」。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

京・富小路 料理旅館天ぷら吉川 Yoshikawa(@kyoto_yoshikawa)がシェアした投稿

こちらは創業1952年、小堀遠州作と伝えられる素晴らしいお庭がある数寄屋造の料理旅館。

何回か前を通って飛び込みで行ってみたのですが、予約制ということで断られてばかりいました。今回は数日前に予約して万全!

いちばんお手頃な3,300円のランチ、天ぷら8種とご飯、赤だしのコースをお願いしました。

f:id:otaku-son:20220117141245j:plain
f:id:otaku-son:20220117141233j:plain
海老、生麩、いんげん・・・だったかな。

コの字カウンターは12席ぐらい?マスクをしたベテラン板前さんが黙々と揚げて下さいます。店内は満席、お客さまは皆落ち着いた感じの方ばかり*1。なので写真はあまり撮れず、一部お借りしています・・・スミマセン。

変に凝った見せ方もなく、妙にマニュアル化された接客でもなく淡々と揚げられる天ぷら。職人気質っぽい板前さんが静かに揚げられて、落ち着いて食べられましたので良かったです。

(カウンターがある系お高めのお店って、妙にエンターテイメント化されているところが多くないですか?食材を見せびらかすように並べてウンチクたれながら目の前で作って下さる・・・でもすみません、正直リアクションに疲れる時もあります)

f:id:otaku-son:20220117142438j:plain
f:id:otaku-son:20220117140634j:plain
ショーケース内の生麩!

ご飯は天丼か白ご飯かを選べます。オタク母はあっさりと白ご飯、全て普通に美味しかったのでご飯をお代わりしちゃいました。こちらのコース、女性にはちょうどよい量です。

個室もあって便利に使えますので、宜しければ行ってみて下さいませ。自慢のお庭は手入れが行き届いて素晴らしいですよ!(お庭をしっかり見たい方にはお座敷をお勧めします)

℡:075-221-5544 

営業時間:【カウンター】11:00 ~(13:45)、17:00 ~(20:00)

定休日:毎週水曜

一休.comレストラン<天ぷら吉川>

*1:常連さんらしき方もちらほら、京都では有名な祇園の某飲食店のママさん(男性)がいらっしゃいました。以前はテレビにもよく出てはったなあ。こういう口の肥えた方がいらっしゃると美味しい店かも、と思ってしまう・・・単純^_^

本願寺御用達のお香専門店「薫玉堂」。心斎橋パルコ店限定「心斎橋1622」を買いました!

f:id:otaku-son:20220114001731j:plain

お洒落なお店です!

先日、数年ぶりに大阪のミナミへ行ってきました。どうしても行ってみたかったのが薫玉堂の心斎橋パルコ店。薫玉堂は京都の本願寺御用達、ミーハーな感じで言うなら2年前の葵祭の斎王代さんのご実家です(この2年間は選ばれていないので、今のところ一番新しい斎王代さんです)。

本店は古いながらも内部は改装されて見やすく新しい感じになっています。ですが心斎橋パルコ店はレベルが違う!同じ階にはティファニー、バーバリー、デルヴォー、そして向かいはマルジェラというめっちゃお洒落なフロア。

ちらっと写真にも写っていますが、薫玉堂さんの店員さんは白衣を着て接客。向かいのマルジェラと同じやん、と思いながらお店へ入りました。

 

薫玉堂 心斎橋パルコ店限定「心斎橋1622」、イメージは「銀杏並木」です!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

薫玉堂(@kungyokudo)がシェアした投稿

薫玉堂は本店の他に丸の内店、横浜店、そして心斎橋パルコ店があります。そしてそれぞれの店舗の香りの線香が作られています。

以前、本店で丸の内店のお線香を試させてもらいました。洗練されたとても素敵な香りでした・・・丸の内店に行かないと買えないとのこと、早く行きたいなあ。

f:id:otaku-son:20220114003330j:plain

「銀杏並木」をイメージした香り、だそうです!

心斎橋パルコ店限定だという「心斎橋1622」は心斎橋の銀杏並木をイメージした香り、だとか。開けてみれば確かに色も黄色っぽい、言われてみれば銀杏の色かも(注:「銀杏並木」をイメージした香りで、銀杏の香りではありません)。

f:id:otaku-son:20220114003729j:plain

銀杏!

毎日家で焚いていますが、確かに渋めでパンチの効いた大人っぽい香り。なるほど、個性的で一筋縄ではいかない大阪っぽいなあなんて勝手に考えて楽しんでいます(褒めています)。宜しければお試し下さいませ*1

℡:06-6252-6667

営業時間:10:00~20:00

薫玉堂 | 心斎橋PARCO -パルコ-

*1:限定品は入っていませんが、お手頃価格のお試しセットがあります。気軽に試せますのでお勧め!

「新婚さんいらっしゃい!」名物のコケる椅子は、京都・太秦「高津商会」生まれ。

f:id:otaku-son:20220109134547j:plain

桂文枝さんがまさかの勇退――。となると、気になるのがあの白いイス。文枝さんと一緒に転がり続けてきた影の立役者だ。  半世紀以上続く長寿番組「新婚さんいらっしゃい!」の司会が交代することになり、1月7日、文枝さんが会見に臨んだ。

報道陣から、イスの今後について質問が出た。文枝さんは「どうなるんですかね(笑)。それは次の司会者の方が、このまま使いたいとおっしゃるならば使っていただくのが良いと思いますし、いらないとおっしゃったら私が引き取りたいと思います」と答えた。  

イスの歴史は長い。京都・太秦の小道具の老舗・高津商会を通してやって来て、長年番組に鎮座。手厚いメンテナンスのおかげでアンチエイジングしてきた。時にはスタジオの外へ飛び出し、フランスやカナダ、ベトナムなど海外収録にもお供した。空港で「なぜイスを持ち込むのだ」といぶかしがられようが、番組の名物なのだからしかたない。  

こけて半世紀 「新婚さん」のあのイスの余生は 文枝さん「家宝に」:朝日新聞デジタル

ABC「新婚さんいらっしゃい!」の司会が交代、桂文枝さんから別の方になるとか。でもあまりご縁の無い番組・・・個人的にはその後の「アタック25」のほうが好みでした、スミマセン。

気になったのはあの名物椅子が京都・太秦の高津商会が持ってきたものだったとか。かなり興味深い。高津商会は、映画や時代劇の撮影小道具を扱う会社です。番組や映画のクレジットには必ず社名が出ています。

ちなみに高津商会さん、小道具なら本当になんでも揃っています。刀剣や甲冑は分かるけれど、牛車や火消しの纏(まとい)までこちらのものだったんですねえ。

高津商会|レンタル商品一覧

 

撮影小道具には欠かせない、高津商会!

会社員時代、ごくたまに仕事で太秦の東映撮影所に出入りすることがありました。近くの三条通のラーメン「天下一品」近辺を歩き回っているうちに「高津商会」を見つけて驚きました。わ、これか!と。

この辺り、撮影関係の会社が本当に多いです。昔はもっとたくさんあったんだろうなあ。

高津商会は「山崎かつら」「八木かつら」と共に、時代劇には欠かせない会社です(八木かつらは松竹撮影所とモメてるみたいですが*1

時代劇だけでなく、京都でのドラマ撮影までもだんだんと無くなっていくとのこと。「科捜研の女」も打ち切りみたいですし、めっちゃショックです。このまま太秦、京都の映像産業はますます衰えていくのか・・・。

あ、桂文枝さんの後継は個人的には藤井隆さん希望です!

*1:かつらの所有権などを巡ってモメてはるみたいです。このせいでNHK「雲霧仁左衛門」のかつらは、主演の中井貴一さん分をはじめ全て作り直しになったとのこと。

松竹と老舗かつら会社『八木かつら』が争い 中井貴一ら出演者も騒動巻き込まれる?|ニフティニュース

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」ジャズ喫茶支配人役の近藤芳正さん、ご結婚&京都に移住されていた件。

f:id:otaku-son:20220105112508j:plain

近藤は今年、1月2日に一般女性と結婚したことを発表した。現在は「去年の10月から京都の方に(拠点を)移しまして、東京へは今のところお芝居の稽古とかあったりするんで、1ルームのマンションにいるんですけど。基本中心は京都で。凄い住みやすいです」と明かした。

京都に住むことになったきっかけについては「まあまあコロナが大きかったんですけれど、コロナで素敵な女性と出会いまして。京都の方だったんですよ。そこでロマンスが芽生えまして、で京都に行っちゃえと。京都の仕事が多かったもんですから。で、去年の10月から。籍入れたのは今年の1月2日ですね。新婚なんですよ。テンション上がって。勢いで」と説明した。

近藤芳正 今年1月に結婚 京都での生活「めっちゃ幸せ」 妻との関係は「許し合うことを覚えている」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

昨年末にニュースを見て、ちょっと嬉しくなっていました。近藤芳正さん、テレビ等で本当によくお見掛けする俳優さんです。

噂では2度目のご結婚とのこと。記事の続きはリンク先で読めますが、とてもお幸せそうで何よりです。「自分が演じた役の人物の方が今の嫁さんとちょっとご縁があった」ということですが・・・誰やろ*1

しばらくは「カムカムエヴリバディ」、いい味出してるジャズ喫茶の支配人役で拝見できますね。(大阪の「るい」編は安心して見られます・・・前の岡山「安子」編、あれはあれで昼ドラのような目まぐるしいドキドキハラハラ感があったけれど)

f:id:otaku-son:20220106232526j:plain

©NHK

 

京都から出ていかれる方も多いのです、残念!

旧・糸井邸の内部が見られます→amazon<ブルータス 2011年4/15>

 

京都に引っ越してこられたのに(別宅含む)、しばらくするとあっさり引き上げてしまう方も多いのです。昨年知って本当に残念だったのが、樋口可南子さん&糸井重里さん夫妻。

f:id:otaku-son:20220109131814j:plain

わたしもね、それに似たところがあって、
京都のうちを手放したんです。
すっごく好きなうちだったんだけど、
さすがにひとりで世話をするのが大変になって。
行き来はそうでもないんだけれど、
やっぱりメンテナンスっていうのかな。

その2 キング・オブ・バンブー。 - 樋口さんに会いたい。 - weeksdays

引っ越してこられたばかりの時(10年くらい前)、とある高級スーパーで樋口さんをお見掛けしてビックリした記憶があります。あの時は確かに目が合いました!たぶんオタク母の着ていたよそいき服を見てはった・・・たしか樋口さんもよく着るブランドだし(かなり自意識過剰(^_^;)。

当時は、行きつけのパン屋さんも同じでした。美味しいです!

嬉しかった分ちょっと寂しいので、「来るもの拒まず、去るもの追わず」ってスタンスでいようと思う今日この頃。近藤芳正さんはご結婚されたのでずっといらっしゃるかな、いてほしいです!

*1:NHK「龍馬の遺言」の岩倉具視とちゃうかな、あの方ってけっこう「やり手」で子孫の人がかなり多いらしいし・・・なんて勝手に想像しています。同じく「雲霧仁左衛門」も撮影は京都だったけれど、これではなさそう(^_^;