京都てっぱん日記

京都生まれ京都育ち、美味しいもの大好き!地元応援を言い訳に食べ歩き&テイクアウト強化中(^-^)

京都の有名女子校「平安女学院」で内紛。「お助け下さい」と文春オンラインにメール!

思わず千鳥のノブさん風に「ちょっと待て!」とつぶやいてしまったこの記事。リンク先で全て読めますが、ああ~あの方なら「さもありなん」な話やなあと(^_^;

f:id:otaku-son:20210722204939j:plain

《どうか本校をお助けください。現在、理事長の理不尽な命令で中学校・高等学校の校長が校内への立ち入りを禁じられており、自宅待機処分となっております。理事長に異論を唱えた副校長、教頭ら4人も役職を解任されました。これは理事長の職権乱用です》

 7月上旬、差し迫った様子のメールが「文春オンライン」に届いた。訴えるのは古都・京都にある創立146周年を誇る平安女学院中学校・高等学校(以下・平女)の学院関係者だという。

 平女は、1875年(明治8年)に設立された幼稚園から短大・大学までが備わったキリスト教主義の女子校だ。京都市内の中心地にあり、京都御所に隣接、すぐ近くには世界遺産の二条城がある。日本で初めてセーラー服を採用したともいわれ、元NMB48の山本彩も通っていたことがある。

《どうか本校をお助けください》京都のミッション系伝統校「平安女学院」からSOS 校長が“学院出禁”の異常事態発生 | 文春オンライン

京都には多数女子校がありますが、その中でも平安女学院は1,2を争う有名校。京都人的には「平女(へいじょ)」、御所西にあるキリスト教の女子校です*1

OGで山本彩ちゃんの名前が出てくるとは驚き(ご出身は大阪府です)。 生徒会長さんでしたが、確か卒業はしてはらへんかったような?

文春オンラインのこの記事、興味がある方はぜひ最後まで読んでみて下さいませ。身内にも卒業生がいますし知り合いも大勢卒業しているので、こんな内部のゴタゴタが明るみに出るのはかなり辛いのですが(^_^;

 

凄腕経営者の山岡景一郎理事長。「月刊京都」の代表取締役さんです!

f:id:otaku-son:20210722211131j:plain

平安女学院はアメリカから来日した宣教師によって1875年に創設され、146年の歴史を紡いできた。学生らは毎朝教室で礼拝し、聖書を学び、聖歌を歌う。教職員は敬虔なクリスチャンが多く、「俗世間とは隔絶されたような雰囲気」(地元紙記者)があるという。

「名門校ではありますが、過去には経営難から学院が傾きかけたことがある。そこにテコ入れしたのが、2003年に平安女学院理事長・学院長に就任し、2005年から大学学長も兼任している山岡理事長なんです。山岡理事長は人件費カットなどで80億円を超える累積債務を解消して学校経営を立て直しました。

経営コンサルタント会社や出版社を経営する傍ら、地元行政の重要ポストを歴任し、2011年からは京都府立医科大学の客員教授、2015年からは京都大学特任教授として、90歳を超えた現在も現役教授として大学の教壇に立っている。京都の政財界、教育界に大きな影響力を持つ “凄腕”ですよ」(同前)

(2ページ目)《どうか本校をお助けください》京都のミッション系伝統校「平安女学院」からSOS 校長が“学院出禁”の異常事態発生 | 文春オンライン

財界や教育界のことはよく分かりませんが、地元民から見ると何かしらよく出てきはるやり手有名人って感じです。スミマセン。

何かの集まりでお見かけしたことも幾度となくありますが、一般的によく知られているのは「月刊京都」の代表取締役(元・編集長)さんだということでしょうか。

この学校、キリスト系女子校あるある「俗世間とは隔絶されたような雰囲気」だそうですが経営という面ではやはりイマイチだったんですね。

「尊敬する人は松下幸之助」というくらいの凄腕理事長さんですので、それくらいやらはりそうやなあという感想です。80億円もの経営難から立ち直って本当に良かったなあと思いつつ、パワハラまがいのやり過ぎは良くないなあ(と、至極当たり前の感想でゴメンナサイ)。

*1:お子さんを通わせているママ友も何人かいましたが、最近の評判はあまり良くない感じ。特にこの方が理事長さんになって、良くも悪くも今までのイメージが変わってしまったような?