京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。こんな時だからこそ、明るく楽しく!

<WEB限定>プレゼントにお勧め!皇室御用達「龍村美術織物」のハンカチーフ。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

龍村美術織物(@tatsumura_textile)がシェアした投稿 -

新型肺炎が怖くて、どこの節分祭にも行かず家にこもっていたのですがそろそろ再始動せねば・・・と、ネットをチェックしていていてステキなものを見つけました。龍村美術織物のハンカチです!

京都の龍村美術織物と言えば、皇室御用達の老舗。正倉院、法隆寺、薬師寺、東大寺などのさまざまな名物裂の復元に携わっています。京都市・祇園祭の山鉾用の装飾織物である懸装品も手掛けてはります。

f:id:otaku-son:20200204224808j:plain

平成になると、今上天皇即位の礼に際し御使用裂、秋篠宮殿下・紀子妃殿下「納采の議」用絹巻物、皇太子・雅子妃殿下「納采の儀」用絹巻物を謹織、正倉院宝物である琵琶袋「大宝相華唐草文様」復元など、国内において重要な織物の製織を手掛けました。

その後も、京都国立迎賓館大会議場のタペストリー、全日本空輸(ANA)シートカバー、新幹線のシート地、赤坂迎賓館内装裂地正倉院宝物「七条織成樹皮色袈裟」など様々なジャンルの織物を製織・復元しました。

また最近では、リニューアルした歌舞伎座の緞帳や、ケネディ米駐日大使がご使用された事で話題になった宮内庁「儀装馬車」内装裂の製織も行うなど、美術織物のトップブランドとして活躍の場を広げています。

龍村美術織物の歴史 | 龍村美術織物(京都)公式サイト

市役所近くのショールーム(当時)にも何回か行ってみましたが、どれも素敵なものばかりで、いつも目の保養になって帰ってきます。 リッツやフォーシーズンズなどでの展示会のお手紙もたびたび頂くのですが、行ったら何か買わなあかんしな・・・と思い行けません(^^; 

 

プレゼントにお勧め!の美しいハンカチ。

f:id:otaku-son:20200204232134j:plain

©龍村美術織物

ハンカチなら気軽に使えますし、何よりお値段も3,300円(税込)とお手頃。販売はWEB限定だそうです。

サイズ(cm):W58.0×H58.0
素材:絹50% 綿50%

どれにしようかな、と迷うほど素敵な柄ばかりです。良かったらチェックしてみて下さいね。

龍村美術織物公式オンラインショップ / ハンカチーフ特集