京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

しば漬けなら今熊野「ニシダや」の「おらがむら漬」!

f:id:otaku-son:20150416014216j:plain

©ニシダや

 

京都人はお昼ご飯をお漬物や佃煮でささっと済ませることが多いので、冷蔵庫にお漬物は欠かせません。漬物屋もあちらこちらにたくさんあり、「京つけもの西利」「京つけものもり」「村上重本店」などの有名どころはさておき、地元民しか知らないような小さなお店もたくさんあります。

我が家のオタク息子のお気に入りは東山区の今熊野にある「ニシダや」です。こちらのしば漬けは「おらがむら漬」として有名。羽野昌紀さんや、芦川よしみさんなどの有名人もお好みだとか。

こちらのしば漬け、程よい酸味がご飯に合うのです。オタク息子はお味噌汁とこちらのしば漬けのみでご飯を3杯食べたことも・・・。ちょっと食べ過ぎ(^^;

 

f:id:otaku-son:20150414155121j:plain

おらがむら漬©ニシダや

 

美味しい「おらがむら漬」。お勧めはきゅうりしば漬!

こちらのしば漬けは数種類あり、

  • 「しばづけ風味 おらがむら漬」300円(税抜)
  • 「きざみしば漬」300円(税抜)
  • 「きゅうりしば漬」350円(税抜)

の3種類なのですが、わが家は「おらがむら漬」に入っているショウガとミョウガが苦手なので、いつも「きゅうりしば漬」を頂きます。ちょっと割高ですが、食べやすいのでお勧め。

 

https://instagram.com/p/1r4jv1OIfq/

手前の黄色い包みが「おらがむら漬」、右が「きゅうりしば漬」です。

我が家のように、「しば漬けはこれしか食べない!」という熱烈なファンも多いそうです。京都に来られた際は、ぜひ一度食べてみて下さい。地方の方はお取り寄せも可能です。

北野白梅町にあるイズミヤ白梅町店、または河原町三条の明治屋三條ストアーでも購入可能です。ちょっとお値段は高くなりますが、我が家も年末年始などのニシダやがお休みの時によく使います。事前に確認してから行ってみて下さいね。