京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

キャサリン妃御用達のチャイルドシートはイギリスのブリタックス・レーマー!OEMでメルセデス・ベンツもあります(^-^)

<こちらは人気記事のため、随時更新しています(最終更新:2018.4.24)>

f:id:otaku-son:20150426143317j:plain

もうすぐ英国のキャサリン妃に第2子がお生まれですね!ジョージ王子がお生まれの時にテレビを見ていたら、ウィリアム王子が病院までキャサリン妃を迎えに来ていました。赤ちゃんをベビーシートに乗せて車まで運んでいましたが、今のパパは王子さまでもよく働きますねえ・・・。

ぼーっと見ていたらオタク父が、

「このベビーシート、○○(オタク息子の名前)といっしょやん?『レーマー社』やもんなあ。」

と、ポツリ。十数年も前のことなのに、よく憶えているなあ。>オタク父

キャサリン妃はご自身の服やベビー服も全てイギリス製のものを選ばれていますので、やっぱりこれもイギリス製なんだねえ、と夫婦で納得。

 

オタク息子のベビーシートを選ぶ。

f:id:otaku-son:20151015152200j:plain

ベビーシートと、実家車用のチャイルドシート。

オタク息子が生まれた時、ベビーシートを選ぶのにかなり悩みましたが、安全面・取り付けやすさなどを色々と調べた結果、ドイツのメルセデス・ベンツ社*1のシートに決めました。

あれ?キャサリン妃と同じならイギリスのレーマー社じゃないの?と思われたでしょうが、写真のかわいらしいシートは実はレーマー社のOEM*2製品。つまりベンツのマークをつけたレーマー社のシートなのです。

 

レーマー→ブリタックス・レーマーに社名変更。

さて、ウイリアム王子が使っていたことで脚光を浴びているレーマー社。最近、社名変更してレーマー・ブリタックス社になっています。ウイリアム王子が運ばれていたシートは現在、「BABY SAFE i-SIZE」という名前になっています。

BABY SAFE i-SIZEが選ばれる3つの理由

1. 15ヶ月まで義務付けられている安全性の高い後ろ向き使用

2. 安全性と人間工学に基づいた快適な姿勢の完全な組み合わせ

3. 優れた側面衝突保護性能

  • 対象身長:40~83cm
  • 対象体重:0kgから13kg
  • 対象年齢:新生児~15ヶ月頃まで
  • 取り付け方法:ISOFIX固定、シートベルト固定
<ベビーセーフ i-SIZE>Britax Romer BABY-SAFE i-SIZEより

年々進化するベビーシート。宜しければチェックしてみて下さいね!

*1:オタク家の乗用車はオンボロ国産車でしたが、そのオンボロ車のまま、「メルセデス・ベンツ」に乗りつけて購入。将来的にもベンツの車は絶対買わないと思われたでしょうに、お店の方はそんなことはおくびにも出さず、丁寧な接客でお見送りまでして下さいました・・・。

何はともあれ、このシートは周囲に「かわいい!」と大好評。車でオタク息子が寝てしまっても、起こさずにそのまま運べるのでたいへん重宝しました。残念ながら、現在は製造中止です(T_T)

*2:original equipment manufacturer。他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業。日本では「相手先ブランド名製造」、「納入先商標による受託製造」などと訳される。