京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

滋賀知事秘書に石田三成!『三成さんは京都を許さない-琵琶湖ノ水ヲ止メヨ-』出版されました!

三成さんは京都を許さない―琵琶湖ノ水ヲ止メヨ― 1巻 (バンチコミックス)

滋賀を題材にした人気のネット漫画「三成さんは京都を許さない-琵琶湖ノ水ヲ止メヨ」の単行本が9日、新潮社から出版される。

「三成さんは-」は、戦国武将の石田三成がタイムスリップして滋賀県知事の特別秘書となり、全国的に知名度が高い京都を目の敵にして「京都討伐計画」を企て、地味と言われる滋賀を立て直すストーリー。

学習船「うみのこ」や外来魚駆除釣り大会など県民なら「あるある」とうなずくネタを過激に描き、ネット上で連載された10話とおまけ4こま漫画、描き下ろしの滋賀取材日誌が収められている。

石田三成が滋賀知事秘書に…人気のネット漫画出版 : 京都新聞

「京都を許さない」なんて、かなり勇ましいですなあ(←京都人風)。以前アップしましたが、かなり面白いマンガです。京都が滋賀からそんなに憎まれていたとは(^^;

 

公式サイトで、一部読めます(無料)!

飛び出し坊やは滋賀発祥なのです!

しばらくぶりにコミックバンチ@新潮社のサイトへ行ってみると、新作がアップされていたので早速読んでみました!

三成さんは京都を許さない ―琵琶湖ノ水ヲ止メヨ― | くらげバンチ

滋賀県のお土産として、とび太くんグッズ、クラブハリエのバームクーヘン、鮒鮨(ふなずし)が出てきたのには爆笑。当たり前ですがどれも知ってます・・・お隣さんも頑張ってはるなあ(^-^)


単行本には、ネットにはアップされていない4コマと取材日誌が収録だそう・・ぜひ読みたい!kindleで出ないかな(^^;(←追記:kindleでも購入可能です!)

 

和久傳「はしたて」@SUVACOで、美味しい鯖寿司を食す。

f:id:otaku-son:20170309021333j:plain

先月になりますが、実家の母と用事でJR京都伊勢丹へ出かけました。一通りのパトロールが終わって、お昼をいただいたのが駅ビル「SUVACO(スバコ)」3階にある「はしたて」。有名料亭、和久傳系列のお店です。店名の「はしたて」は、おそらく地元の天橋立から取ったのでしょうね。

オタク息子が幼いころに行ったきりなので、10年ぶりぐらいの再訪です。お店に行ってみると5人ぐらいの先客が並んではりましたが、急ぐこともないので座って待つことに。

f:id:otaku-son:20170309020620j:plain

オタク母は鯖寿司、母は2月限定のお丼とにゅう麺のセット。鯖寿司は焙りと普通のものが3つ盛り合わせてありましたが、どれも美味しかったです。この時期の鯖は脂がのっているので、個人的にはこれぐらいがちょうど良いです(^-^)

f:id:otaku-son:20170309021107j:plain

鯖寿司とお味噌汁、だし巻きなど。

f:id:otaku-son:20170309020650j:plain

脂もほどよい感じで、美味しかったです!

f:id:otaku-son:20170309021505j:plain

まながつおのお丼。

お店の内装等が少々チープなのが気になりますが(^^;、お料理はどれもいいお味でハズレがありません!

レジ周辺にはれんこん菓子「西湖」「蟹おかき」などの定番のお土産が販売されていました。通販では伊勢丹オンラインストアから「すっぽんの煮こごり」が購入できます。3,564円(税込)と買いやすいお値段で嬉しい(^-^)

岩合光昭さんが撮った「世界ネコ歩き『京都の四季プロローグ』」を観る。写真集『ねこの京都』も発売中です!

f:id:otaku-son:20170303225852j:plain

動物写真家・岩合光昭さんが「京都」で四季折々のネコを撮影。その京都編の放送(5/5夜10時放送)を前に、とっておきのネコ映像や撮影の裏話を紹介する。

舞妓さんのネコを撮るコツは?紅葉と黒猫の撮影ポイントは?かやぶきの家でおじいさんと暮らすネコの日常から何を思った?など、岩合さんの話を聞くのはネコ好きの俳優・本上まなみさん。14匹のネコが暮らす神社でネコ撮影のコツを教えるコーナーも。ネコ好き必見です!

ネコの京都

『京都人の密かな愉しみ』の再放送を観ていましたら、番組の宣伝で舞妓さんとネコちゃんが映りました。ん?調べてみましたら、ネコと京都・・・それに大好きな本上まなみさん*1ですって。これは見なくては!

 

常寂光寺の黒猫。

f:id:otaku-son:20170305212221j:plain

右京区にある常寂光寺には、黒猫の黒べえがいます。岩合さんは竹とネコを撮りたかったそうですが、見事に撮れていました。黒猫ちゃんは銀杏と紅葉に映えますね!黒べえと和尚さんの散歩、とても微笑ましかったです。

 

ネコ神社の梅宮大社。

f:id:otaku-son:20170304064350j:plain

14匹のネコが暮らす神社は、右京区梅津にある梅宮大社。知る人ぞ知る有名な「ネコ神社」です。境内のあちらこちらでネコが寝転んでいます(注:ダジャレではありません(^^;)。岩合さんはここにずっと通って、14匹全ての名前・性別・性格を全て憶えてはるそうです!

慌てずにまずネコをなでて、話しかけてはりました。なるほど、こうやって距離を縮めるんですね。

祇園の宮川町で舞妓さんたちと暮らす小雪とブル。祇園の料亭で女将さんと孫たちと暮らす、はな。美山のかやぶきの家に暮らすおじいちゃんと義経。それぞれのネコにそれぞれの背景が見えました。

岩合さんは、

「猫と接することで、本当の京都を見てみたい。ぼくの中の京都を確かめてみたい」

と仰っていましたが、ご希望は叶ったでしょうか(^-^)。よそさんには排他的な京都でも、ネコを撮るというと進んで撮らせてくれると仰っていたのが興味深かったです。5月の本放送が楽しみです!

 

「ねこの京都」の写真集も発売されていまます。「京都のネコはふっくらとはんなりです」だそうで(^-^)。

ねこの京都
ねこの京都
posted with amazlet at 17.04.29
岩合 光昭
クレヴィス
売り上げランキング: 876

*1:ちなみに本上まなみさんが仰っていた「がんもどきを食べるネコ」は御所西にある入山豆腐店のことですね。以前、『とっておきの京都スペシャル』でも行ってはりましたが、詳しくは下記リンクをご覧くださいね(^-^)

皇室御用達、老舗京かまぼこ「茨木屋」。かわいい雛かまぼこ!

f:id:otaku-son:20170303200320j:plain

先日、大丸の地下をパトロールしていましたら茨木屋で可愛らしいかまぼこの詰め合わせを発見。思わず見とれてしまい、買いそうになりました。ひな祭り用のかまぼこ(税込3,800円)だそうです。

f:id:otaku-son:20170304090710j:plain

これはWEB限定、事前予約のみの雛カマボコ(税込2,980円)。

茨木屋は、かまぼこの老舗専門店です。大正・昭和天皇の即位の儀でも使われた皇室御用達の老舗。以前の本店は御所の南側にありました。オタク息子が幼いころはお稽古待ちの時間にこの辺りをウロウロしてイレモンヤ・一保堂などに通っていたので当然茨木屋でもよく買い物しました・・・風情ある建物だったのになあ(^^;。ああ懐かしい。

 

老舗料亭も御用達!美味しい、茨木屋の練り物。

f:id:otaku-son:20170303202454j:plain

現社長の池内常郎さんは、京都大学農学部水産学科を卒業。「かまぼこの足とその添加物に関する研究」という論文で博士号をとってはります。

今わが国でつくられているかまぼこの約90%が冷凍すり身よりつくられ、またそのほとんどが冷凍前に「重合リン酸塩身」と「糖類身」を混和してつくられたもので、普通「無塩すり身」とよばれています。

茨木屋では、冷凍前の新鮮な魚の身に最初から塩と糖類を混和してすり身にしたものを凍結した、いわゆる加塩すり身のみ使用してかまぼこ作りをしています。

塩と糖類で作るすり身を使用すると適度な弾力と滑らかな舌触りの蒲鉾に仕上がるんです。しかも、魚本来の美味しさを保つ事ができるため、香りと味わいがとてもいいんです。

その証拠に、茨木屋で作るすり身は京都の老舗料亭や京料理のお店で使われています。このすり身でないと美味しい料理ができないからなんです。

京蒲鉾の老舗としてのかまぼこへのこだわり

こだわったすり身を使用されているだけあって、〇ねてつ、〇文などに比べるとちょっとお高いのですがやはり美味しい!本店以外は大丸京都店、JR京都伊勢丹でも一部購入できます(雛かまぼこの受付は締め切られていますm(__)m)。

通販は公式オンラインショップ、楽天市場でも一部可能です。宜しければお試し下さいね。

いけずな京都女子がお勧めするグルメ本『ええやん!京都』、好評発売中です(^-^)

f:id:otaku-son:20170303000235j:plain

京都市内の通販会社の女性社員らが、「地元女子」の目線でお薦めの飲食店などを紹介した本「ええやん!京都」を出版した。「京都人が普段行く、京都らしさを感じられる店」にこだわった内容が、京都観光のリピーターらに好評を得ている。

「私たちは『いけず』な京都人なので、好きなお店は本当は人に教えたくない。でも、『京都のお店って高いだけでいまいちやった』と思われるのも悔しくて、自信を持ってお薦めできるお店の紹介を始めたんです」

京のええ店、女子目線で厳選 グルメ本好評 : 京都新聞

こちらの通販会社「京都やまちや」 は、なたまめ茶のお店。フェイスブックやブログで紹介してはった京都の飲食店情報をまとめた本が、とても好評なのです。京都の有名書店、大垣書店では一時京都本ジャンルでの売り上げナンバーワンでした。本の帯には

「本当に大好きなお店は、よそさんに教えたくないんです。いけずですから」

と、書かれています。そう言われるとますます読みたくなります・・・へそ曲がり京都人ですから!

 

ええやん!京都: 地元女子がほんまに通うぞっこんグルメ
京都やまちや広報企画部おもてなし課
学研プラス
売り上げランキング: 3,254

書店でちらっと見てみましたが、あまり知らないお店もあって本当に地元密着型の情報です。ふだん気軽に使えそうなお店も多数あり、ふらっと行ってみたくなりました(^-^)

京都は観光客が多いせいか、イマイチのお店が本当に多すぎるのです。京都特集を組んだ雑誌はどれも同じような流行りのお店を紹介して・・・地元民は行かへん店ばっかり(^^;。同じようなことを思っている京都人がいはってめっちゃ嬉しい~。